オープンソースの「あり方」が気に入った!【WordBench Nagano vol.6 “WBNagano Special!!!”】

2017年1月21日、松本にあるコワーキングスペースKnower(s)で「WordBench Nagano vol.6 “WBNagano Special!!!”」が開催されました。参加者はのべ42人くらい。

このイベントは前々から楽しみにしていたイベントなんです。

僕はもともとエンジニア。松本で繋がったとろゆにさんもエンジニアで、本イベントの主催者。彼とIT的な会話をしていくうちになんだか楽しくなってくるわけさ。どうやら僕にもまだエンジニアの「熱」があったようです(笑)

 

当日僕は Knower(s) のスタッフとして関わっていて、裏方仕事したり話を聞いたり、ホント楽しかった。6名の登壇者の話を聞くことでフォトグラファーとして、フリーランスとして勉強になったこともありました。

というわけで、イベントに参加して気づいたことを書きます。

 

 
スポンサーリンク

 

オープンソースのあり方が気に入った

オープンソースソフトウェア(以降、OSS)の詳細はウィキペディアに譲るとして、OSSのあり方は一言でいえば Give & Give 。

公開されたツールを使うだけでなく、気になったことは Issue として開発者に伝える。伝え方も「意見を言う」でもいいし、「こんなソースコードでどう?」みたいにソースコードそのものを渡してもいい。

そうして、よりよくしてく。お互い様の関係であり、助け合いの関係。ここがすごく素敵なんですよ。

 

DSCF3077

 

オープンソース的貢献

ある人がこのようなことを言っていました。

「OSSに貢献していこう。ただし、イベントに参加するだけでは貢献とは言わない。」

僕は正直、技術的貢献はできません。とすると貢献できないのかな〜とも思うけど、たぶん違う。こう考えてもいいはず。例えば、

  • 参加したことで得られた技術を自分の仕事に活かす
  • イベントを主催する/サポートする
  • OSSのあり方を発信する(この記事がまさにそのつもり)

これらの行為は、直接そのコミュニティに還元はしないけど、こういう気持ちで活動していくと、どこかで還元されたりする。そう信じたっていいんじゃないかな。いずれ直接技術的に貢献できることもありますよ。

 

DSCF3079

 

場所を問わない働き方はできる

登壇者に瀬戸内海の男木島からいらっしゃった女性がいました。フリーランスとしての働き方(ワークフロー等)を話されていて、いや〜、かなり参考になりましたね。

他の登壇者の話も聞いてみると、今は本当に場所を問わずに仕事できるな〜ってことがわかります。だってさ、男木島でバンバンお仕事されているんですよ。すごくないですか?

それを支えているのは世の中の便利なサービス。進捗管理や課題管理、会議だって今はWeb経由でできます。僕もね、先日Web経由でLightroomのレクチャ会をしましたし(こっそりアピール笑)。インフラ的な敷居はすご〜く低い。

僕の場合、実際にお客さんに会わないと撮影できませんから、必ず対面することになります。それでも打ち合わせはスカイプでできますからね。便利!

 

あ、僕の撮影についてはこちらを読んでもらえると嬉しいです。
▶︎『これから』の人を応援する撮影

 

DSCF3084

 

あと、大切なのはお客さんにしっかりと自分のできること/できないことを伝えることだね。要は自分軸を持って対応する。超大事。

できないことでも、チャレンジしたいのであれば「できます!」って言って、そのあとめちゃくちゃ勉強したっていい。以前、ある撮影はそういうスタンスで臨みました。

 

DSCF3087

 

お仕事は結局は人対人

場所を問わず仕事はできます。対面することなく完結することもできるでしょう。

そんなとき忘れちゃいけないのは、お仕事は、最終的に行き着くのは人対人であるってこと。これは対ネット経由のお客さんでも、対面するお客さんでも、はたまた社内のメンバーでも同じ。

誠実であることです。それが良い循環を生むと僕は信じてる。

というか、実際に僕がやりたいように対応していたら、「あ〜、これダメかな」と思っていても、お客さんからは「対応がすごく丁寧ですね!」と仕事が回ってきたりします。

 

DSCF3088

 

おわりに

すっかりOSSのあり方が気に入ったので、今後はこういうIT的イベントには積極的に関わっていくことにしました。

本職はフォトグラファーですけど、エンジニアもしてみたい。いずれそういう仕事ができるかも!?というわけで、まずは「Unityもくもく会」を Knower(s) でやってみようと計画中。

【macOS】UnityとVisual Studio Codeの連携方法 〜開発できるまでの設定ポイント〜」に書いたように何かやってみたいんだよね。とにかく体験。

松本から「こういうのやってるぜ」と狼煙を上げるところからいきます!

 

それから、WordPressのテーマを DigiPress 製から、OSS でもある WordPress 公式の「Lightning」に変えました。パララックスで画像が動いたりしないから、見た目はすご〜く大人しくなっちゃったよ(笑)

他にもテーマを変えた理由はありますけど、OSS に少しでも関わっていきたいというあらわれです。

 

DSCF3097

 

それにしても男木島、行ってみたいなぁ。

↓いろんな男木島情報
▶︎男木島.info | 男木島の情報をお届けします。
▶︎男木島 | せとうち暮らし
▶︎男木島 | 瀬戸内国際芸術祭 2016
▶︎男木島 – Wikipedia

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で