自分の一番を満たそう!今の一番を得るからこそ、今の二番以降も含めたすべてが楽しくなる

マルチハビテーション、2017年2月期は2月20日〜24日の5日間、松本を離れ、横浜近辺で活動します。

それにあわせて19日から横浜に向かいました。そんなおうちへむかう道すがら、たくさんのことがわいては消えわいては消え。

今回は初日にふっと考えたコトを書き出します。

 

 
スポンサーリンク

 

都会の情報量

2月19日、松本市のコワーキングスペースKnower(s)スタッフの時間を終え、そのまま松本駅から特急あずさに乗り新宿へ。エクストリーム帰省(っていうのかな?笑)。

新宿駅に着き、街の明るさ、人の多さなどに触れて思ったこと。

 

駅に飾っている広告はデカイし、電車の中に飾っている広告は多い。

 

僕らは都会にいるだけで、スマホをのぞいていなくても、たくさんの情報を受け取っているんだな〜と感じます。街をなにげなく歩いているだけで目に入ってくるから強制的とも言える。

こりゃ、疲れるわ〜って思いました。

 

R1004175

 

他には、街を行く人たちのアレコレをみて反応したり。人が多いからこそ、そのバリエーションも豊富。

でも、これはたぶん好奇心。

 

それから暖かいいのはいいね。松本の気温0℃、新宿10℃くらい。一気にぬくくなりました(笑)

 

R1004176

 

できるからやる?好きだからやる?

ここからが本題。

横浜から地元駅に到着したときに突然、

 

今自分は「できること」をやっているのか、「好きなこと」をやっているのか

 

なんて思ったんです。

僕は「写真ができるから」やっているのか?「写真が好きだから」やっているのか?そんなぐるぐる。

エニアグラムタイプ6が全力で出てきた感じですわ(笑)もしくは、右脳=感性をほったらかして、左脳=思考が全開ってやつ。これ、良くも悪くも僕の特性。

 

R1004177

 

基本的に人はすべからく、今のBeingが前提の「好きなこと」をしています。

だから、僕は今、好きなことをやっているわけなのね。

なのに、なんでこう、もっとパワーを出せないんだ!?エネルギーを放出できないんだ!?と感じることもある。

歩きながらなぜなぜと考えたり、心に問うてみてわかったこと。たぶんこれ。わかってたコタエ。

 

「僕は今の一番欲しいことから目を背けて、他を見てる」

 

他とは二番目以降の欲しいこと。

もちろん、二番目以降を見るのも楽しむのもいいんです。やりたいことは全部やるべしですから。でも、今の一番を満たしてない。自分の心に素直になってない。

だから、中途半端感がある。できるから?好きだから?なんてつまんない疑問に支配される。

なぜ背けているかって、そりゃ簡単。怖くて逃げてるだけね。あ〜〜も〜〜。

 

ということに気づいて、「んじゃどうしたい?」 → 「よし、やったるか!」と自分を奮い立たせた0時間際でした。

 

(注:僕にとって写真はもう当たり前のことなので、執筆している今この瞬間、写真は二番目にいます)

 

R1004178

 

おわりに

マルチハビテーションをはじめて数ヶ月。松本横浜間を行き来するたびにでっかい気付きがあります。痛みを伴うこともありました。これから嫌が応にも向き合うべきリアルもあります。

今回もどんな気づきがあるのか。あとで振り返れば良いことがほとんどなんですが、渦中の時はわからないからね〜。怖いっちゃ〜怖い。

でも、結局は「大丈夫」なので「大丈夫」です。だって「大丈夫」だから。そう信じる。それだけです。

 

R1004187

 

※掲載した写真はいつか撮った渋谷のヨウス。

電車でこちらの本を読んでいたから、今回のような反応が!?

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>

「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。
僕のできることで「あなた」を世界に伝えるメッセンジャーとして活動中。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で