料理を撮るなら GXR A12-50mm ユニットがいい【最大撮影倍率のお話】

5月/6月のフォトセッション受付中!

松本と横浜を中心とした地域で撮影します。あなたのお気に入りの場所で、あなたが自然に振舞っているような雰囲気で、あなたのステキを撮らせてくださいな。

 

スイーツが好きな僕はその類の写真をよく撮ります。その度に思うことは、GXR A12-50mm ユニットって本当に素晴らしいということ。

 

GXRのA12-50mm ユニットは(最大)撮影倍率0.5倍のハーフマクロです。

撮影倍率とはざっくりいうと、そのレンズで一番近くまで寄ったときに(AFが働く最短距離)、被写体がどのくらいの倍率で撮れるか、というもの。

1cmのものが1cmで撮れるのであれば等倍マクロ。2cmで撮れればハーフマクロ。マクロレンズの指標の一つとなります。

 

R1007895

 

撮影倍率については、ログカメラさんの記事ですごくわかりやすくまとめられていました。 ありがとうございます。

▶︎参考:最大撮影倍率 – ログカメラ

 

 
スポンサーリンク

 

通常、レンズの撮影倍率は0.5倍のように大きくはありません。僕の持ってる FUJIFILM の XF レンズの撮影倍率は以下の通り。

  • XF10-24mmF4 → 0.16倍(テレ端)
  • XF35mm F1.4 → 0.17倍
  • XF56mm F1.2 → 0.09倍
  • XF55-200mmF3.5-4.8 → 0.18倍(テレ端)

 

このようなレンズを使っているとね、撮影倍率0.5倍のレンズを使うと驚きます。「でかい\(^o^)/」と。

ちなみに XF シリーズのマクロレンズである XF60mmF2.4 R Macro の撮影倍率は0.5倍です。

 

R1007896

 

撮影倍率が大きいと何が良いのか?

撮影者が感じる「ここだ!」というポイント、つまり核心を大きく撮ることができます。

 

自分の核心やセンス。そういうものをはっきりと写真にのせて伝えられる。それがいい。

 

R1007897

 

RICOH 大好きな僕ですが、同社の PENTAX-K マウントレンズには等倍マクロレンズがあるそうです。しかも大好きな画角の50mm。これはすごーく使ってみたい。

▶︎参考:smc PENTAX-D FA MACRO 50mmF2.8 | RICOH IMAGING

 

フルサイズの PENTAX K-1、いずれ使ってみたいです。

 

R1007898

 

▶︎この記事をご覧になった方にオススメしたいGXR A12-50mm LOVEの記事一覧

【空気感フォトグラファーからのお知らせ】

(1)5月/6月の撮影依頼受付中!

松本と横浜を中心とした地域でプロフィール/ポートレイト撮影します。

あなたのお気に入りの場所で、あなたが自然に振舞っているような雰囲気を僕が引き出します。あなたのステキを撮らせてください。

(2)あなたのステキをそっとすくい撮ります!

WebやSNSに顔写真を公開するのがなんだか恥ずかしい。けれどエイっと勇気を出して公開したい!今の自分を見せたい!あるいは実は撮られたかったんです。という方々、そのサポートを僕にやらせてくださいな。

僕なら、あなたが気がつかないときに、あなたのステキをそっとすくい撮ります。だから大丈夫。

詳しくはこちらからどうぞ!

Profile

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!