Beingのチカラ【美味しいコーヒーと素敵な写真】

5月/6月のフォトセッション受付中!

松本と横浜を中心とした地域で撮影します。あなたのお気に入りの場所で、あなたが自然に振舞っているような雰囲気で、あなたのステキを撮らせてくださいな。

 

自分の淹れるコーヒーが美味しいんです。

淹れ方は独学。友達やお店の方に教わって、いいとこ取りして試行錯誤中。やり方によって味が変わるコーヒー面白い。

やり方を追求するのもいいけど、味を左右する要因が実は他にもある、という話を聞いて納得したことがあるんです。

それは「場」や「雰囲気」という言葉にはできないけど確かに感じられるもの。そして、結局は自分を満たすこと全般に言える、とても大切なこと。

毎回同じにならないのが楽しい

コーヒー豆やお湯の状態など、次も同じであることは絶対にないため味にばらつきはあります。豆を厳重に保管したとしても時間の影響は受ける。焙煎後であれば時間が経つことで馴染んでいくし、経ちすぎたら薄くなっていく。

それでも美味しいなぁって感じるんです。

淹れるたびに「お!今回は最高じゃね?」というときもあればその逆もある。これが楽しいんですわ。

それをより高めてくれるのが次に話すこと。

 

 
スポンサーリンク

 

コーヒーの味を左右するもの

松本でお気に入りのコーヒー豆の店、51coffeeに行ったときのこと。

▶︎参考:FIFTY-ONE COFFEE(長野県松本市) – トップページ

 

R1007933

 

淹れ方を教わっているときにマスターはこうおっしゃっていました。

「味を左右するのは飲むときの”場”や”雰囲気”もありますよ」

わかる!!

  • 落ち着くカフェ
  • なんか好きと感じるカフェ
  • 読書や勉強がしやすいカフェ
  • 食器がお気に入りのカフェ

などなど、自分にとってのそれってありますよね。カフェに行くのはコーヒーを楽しむ以外にも、場の雰囲気を感じるためでもあります。

 

R1007938

 

「場」や「雰囲気」が僕らに力を与えてくれる

プロフィール写真を撮影するとき、僕はお客さんに「好きな場所ありますか?」と尋ねています。また、もし愛しい人がいるなら同伴してもらうようにしています。

だって、好きな場所で好きな人といたらいい写真にしかなりませんから。そこに僕の感性とUDEが上乗せされる感じ。

 

R1007936

 

正直に言っちゃいますが、そういう方が撮影は楽なんです。自然と素敵な表情になってくれますからね。僕はただそういう時を狙ってシャッターを切るだけです、はい(笑)

 

そうやって素敵な時間を過ごせたのが小松亜矢子さんの撮影でした。▼そのときのヨウスを記事にしてくれました。ご依頼ありがとう!

▶︎参考:転機が訪れたらプロフィール写真を変えてみよう | GOOD!! Log

 

おわりに

締めはコーヒーの話に戻します(笑)

でね、コーヒー豆や淹れる機材、お湯の温度にこだわるのと同じくらい、使うカップや飲む場所の雰囲気にもこだわるといいってことです。

言ってしまえばコーヒーに関してもDoingだけでなく、Beingも整えようってこと。自分のBeingが整うように場所を整えようってこと(あ〜、ややこしい)。

 

R1007931

 

ちょっとしたことだけど、自分がウキウキすることに時間とお金を使うってとても豊かなことですよ。自分を大切にする第1歩です。それが豊かな時間を過ごすことにつながります。

 

そんなわけで、これから機材や場づくりに時間とお金を使っていこうと思わせてくれた、マスターとの淹れ方談義でした。

 

※掲載した写真は、51coffeeの様子をGXR A12-50mmで撮影

揃えていきたい!!

▼僕も使っているかわいいポット

【空気感フォトグラファーからのお知らせ】

(1)5月/6月の撮影依頼受付中!

松本と横浜を中心とした地域でプロフィール/ポートレイト撮影します。

あなたのお気に入りの場所で、あなたが自然に振舞っているような雰囲気を僕が引き出します。あなたのステキを撮らせてください。

(2)あなたのステキをそっとすくい撮ります!

WebやSNSに顔写真を公開するのがなんだか恥ずかしい。けれどエイっと勇気を出して公開したい!今の自分を見せたい!あるいは実は撮られたかったんです。という方々、そのサポートを僕にやらせてくださいな。

僕なら、あなたが気がつかないときに、あなたのステキをそっとすくい撮ります。だから大丈夫。

詳しくはこちらからどうぞ!

Profile

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!