嫉妬の解消方法

嫉妬しちゃいました。すご〜く素敵な写真を投稿している人がいて「うわ〜すげぇ」と思ったあと、嫉妬しちゃいました。ブラックなモヤモヤが発生。

でも、あることをやったら「まぁ、いいか」という気持ちになれたんですよ。

何をやったかって?

 

ひとしきり嫉妬を感じる

 

何にどう嫉妬したのか。なんで悔しい気持ちになったのか。それを感じるといいですよ。

そのときは声に出してみるとGood。「〜〜だから悔しい」、「すごくむかつく」、「ちくしょう」などといった感情を言葉にしてみる。溜め込むのが一番心身に悪いことだから。我慢の先には我慢しかないから。

自分の口から発して自分の耳で聞いてみる。こうすると「でもまぁ、大丈夫なんじゃないの?」ということに気づけます。

 

 
スポンサーリンク

 

嫉妬のメカニズム

すごく素敵な写真を撮る人がいたんですよ。ほんとびっくりするくらい。でもね、嫉妬というのは▼こういうことだと僕は思う。

 

  • 自分にもできると心の奥の奥では知っている(=潜在意識)。なのに、「そんなことない」と頭が否定している(=顕在意識)。
  • そもそも行動してない自分に腹が立った。

 

という「反応」なのよね、きっと。

仮に全世界が絶賛するほどのすごい写真でも、僕の奥底が「その感性、僕にもできるもん!」と思っていなければ反応すら起こりません。

感じ切って気づけたこと

その方の写真を何枚も見たり、ユーザさんの反応を見ててさ〜、「自分、ダメになった」という勘違いに陥ってしまったんですよね〜、まったくもう。(詳しくは恥ずかしいから書きませんけどね)

でね、こりゃあかん!

と思って、その感情を悪として押さえ込んじゃうのが数年前の僕。でも、感情にいいも悪いもないんですよ。そうやってラベリングするのは人間の悪い癖。

感情なんざ、ただの反応です。嫉妬したら、自分の心の奥を見るキッカケキターってことだよ。

 

というわけて、ここはいっちょ嫉妬を感じ切ってやろうじゃないかと、素直に「悔しい」や「むかつく」、「ちくしょう」、そういった気持ちを声に出してみました。

すると、僕がなんで嫉妬したのか、その奥が少し見えた。

それは「さみしい」だったし、「でもできる!」というものでした。それから、

 

DSC_0654
 

一番大切な気づきはね、自分は何も変わってないってことです。もちろん良い意味で。

 

例えばね、ある日Aさんが僕の写真を「わぁ」と感じてくれたとします。でも、Aさんが別の人が撮った写真に「わぁ」と感じたからといって、それイコール僕の価値が変わったわけじゃないですよね。勘違いすんなって感じ。

(便宜上、感性や写真力、ひいては人間力などのを「価値」としました)

Aさんがそっちに感動したのは、そっち「も」良いと感じたからであって、僕の「も」良いと感じてくれている。僕は何も変わってないんですよ。誰がなんと言おうと僕は僕。至極シンプル。

他人(の感性)は変えられません。他人が僕(の感性)を変えられないのと同じくらい。そう思えたらAさんのことだって「あ〜そうなんだ」と見れます。

おわりに

僕は僕のままだし、僕の写真はこれまで素敵だったのと同様に今も素敵である。というか、これからどんどん進むんだから、より高みに行くだけです。

 

DSC_0652

 

こうして嫉妬を感じ切ったことで、僕は「自分の在る」を見ることができたわけ。自己を肯定する視点に戻れました。

ほんと、ときどきこの感覚に陥っちゃうのも困ったもんです。心のお稽古は死ぬまで続きますね。

 

だから、ひとりでも友達同士でも、感じたことは声に出してみるといいですよ。自分の言葉を自分の耳で聞くことで擬似的に第3者視点になれる感覚がありましたから。

嫉妬したときはお試しあれ。

 

※写真は2010年1月の箱根神社のヨウス(Nikon D90+Nikkor35mmF1.8で撮影)

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。
僕のできることで「あなた」を世界に伝えるメッセンジャーとして活動中。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で