他者比較したあとの2つの行動パターン

他人と比べたあと、人が取る行動は2パターンあると思う。1つはそのまま「優越性の追求に入る」パターン、もう1つはそのまま「嫉妬の渦にのまれてしまう」パターン。

 

前者の例として、ある雑誌の表紙があまりにも素晴らしい写真だった場合、すごく感動するし、すごく悔しい想いになるだろうね。

でもね、その後すぐ「自分の写真だったら、どうすればこの雑誌に載せることができるだろうか?」、「そのために自分の写真をどう伝えていけばいいんだろう?」というふうに思考がシフトする。(実際にありました)

 

後者の例として、「あんなふうになれていいなぁ」、「悔しい」、「ちくしょう、あいつばっかり!」などのように嫉妬の渦にのまれてしまうこともある。(これも実際にありました)

 

 
スポンサーリンク

 

僕は「嫉妬の解消法」に書いたように、以前と比べて嫉妬と向き合えるようになりました。

 

R0010777

 

向き合うときは、やはり声に出して感じることが多いね。ただ・・・言葉に出してみるといろいろと「ごめんなさい」って思っちゃいます。

だって、「僕はあーなりたいのになぁ」だけでなく、「実は自分はあの人を無駄に上に見ていた」、あるいは「自分はあの人をとても下に見ていた」という黒い存在に気づいてしまうから。

そういう嫌な感情をまじまじと感じてしまうから「ごめんなさい」だし「ああ、苦しいなぁ」となります。

 

でも他人は自分の鏡と言われるように、だからこそ自分のことがわかるし、その人のことも理解できるようになるもの。

 

R0010785

 

それから悔しかったり羨んだときって、人は「その人と比べて自分はここがこうだから上だな(ニヤリ)」と自分を慰めようとしがち。それも必要なケアだけど本当は違うよね。

 

本当に比べるべきは以前の自分なんだよね。

 

昨日の自分、1時間前、10分前、1分前の自分なんだよ。

他者と比較してさ、嫉妬の渦にのまれたままだと健全な、前に全力で進むようなエネルギーは生まれてこない。それこそ、アドラー心理学の優越性の追求にはならない。

 

R0010784

 

そんなわけで、この2パターンに気づいた今、僕は「おっと!今嫉妬してるな!?」と感じたら、以前よりはすんなりニュートラルに戻れるようになったし、「おっと!今すげーいい感じじゃん!」と感じたら、なるべく続くように願ってる。

それでもまた下降することがあるんだけど、それはバランスというもの。

下降することも含めて心の状態は変化するものだ、と知っていれば、「まぁ、いいか、なるようにしかならんし」という気持ちでいられる。

いずれ下降することすら気づかずニュートラルのままでいられますように。

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>

「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。
僕のできることで「あなた」を世界に伝えるメッセンジャーとして活動中。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で