伝わる写真は構図よりも「好きな点」が先

今やパソコンによる現像やレタッチを含めて写真表現の時代。そのテクニックは大切だけど、まずは写真そのものをいかに撮るかがちょ〜大切。

ではどう撮るか?

点を意識する

「あ!撮りたい!」と感じたときに「ここがいい」というポイントを1つ見つける。有形無形なんでもいい。そこをロックオン。そこを撮る。構図はそのあと。

そのポイントはあなたの「好き」です。

「好き」を撮るから気持ちが乗る。心がこもる。結果、伝わる。そういうもの。僕はそう信じて写真を撮ってる。

点とは「極小のそこ!」でもいいし、広い空の「ある一部分」でもいい。例えば雲の形など。とにかく自分が「ここがいい」と感じた1点を意識するといいですよ。

 

DSC_1224

 

点をどんどん撮る

だからね、写真が上手くなりたかったら「今」好きなものを撮りましょう。

「今」好きなものならたくさんあるでしょ?特に難しことなし。そこをどんどん撮りましょう。お子さんがいるならお子さんを、恋人がいるなら恋人を、パンが好きならパンを、仏像が好きなら仏像を。

点を日の丸構図にしたって全然オッケーです。

 

ここでワンポイントアドバイス。

いかに好きでもね、毎回撮ってたら飽きます(笑)そんなに頑張る必要はなくて、撮りたいと思った時に撮ればいいんです。そうやって気分を変えていきましょう。コツコツとね。

 

DSC_1227

 

おわりに

自分の好きなことや「わぁ!」と感じたことってSNSでシェアしたくなるじゃないですか。教えたいし伝えたいわけですよね。

写真もそれと一緒。自分が一番惹かれた1点(教えたいポイント、伝えたいポイント)を撮れば伝わります。

 

ブログ書く方ならこの感覚わかっていただけるかと。なぜならブログも一緒だから。だって、自分が伝えたいという点に絞って記事書くじゃないですか。ほら、ね!?

 

DSC_1232

 

僕はこんな心持ちで人物も撮っています。その場合の「点」はその方そのもの。

僕に依頼してくれる方は僕の写真(など)に期待して依頼してくれるわけですが、そもそも僕の写真感が好みでないと依頼されないと思うんですよ。その多くはね。

だから、依頼してくれた方は自然と僕も好きになっちゃいます。だから、その方そのものが「点」なのです。

というわけで、

僕の写真感に何かを感じてくれて、なおかつ「今そのタイミング」とお考えでしたらご依頼いかがでしょう?
▶︎撮影メニュー : Portrait – Takashi Q. Hanamura Photography
▶︎撮影メニュー : Photo Shooting – Takashi Q. Hanamura Photography

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

BlogやSNSに顔写真を公開するのはなんだか恥ずかしい。けれど、

  • 勇気を出して公開したい!
  • 今の自分を見てもらいたい!
  • 実は誰かに撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの応援を僕にやらせてください。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本市、下旬は横浜市にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、その他の場所にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたいな。

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

Profile

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

Portrait

あなたを発信するためにポートレイトやプロフィール写真を撮影します。僕の写真感が好きな方は是非ご連絡くださいね!