新しい写真表現にチャレンジ!フジノンレンズ XF55-200mmを買いました!

FUJIFILMの望遠ズームレンズ「XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS」を買ったので、本ブログで初となる開封の儀と試写して感じたことを書きます。

▶︎フフジノンレンズ XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS | 富士フイルム

 

 
スポンサーリンク

 

XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISを買いました

僕は以前、Nikon D90というデジタル一眼レフカメラに、Tamronの高倍率ズームレンズ 18-270mm(35mm換算27-405mm)を使っていました。

そして、2012年春あたりからは本格的に単焦点(=ズームしない)レンズや単焦点カメラに移行。メインで使っている画角は、35mm換算で50mmです。いわゆる標準画角というもの。

なぜ単焦点に移行したか?

 

うまく撮れるようになるためです。

 

生き様を参考にしている「勝手にメンター」の写真家さんが、「写真が上手くなるには標準画角(50mm)でまず10000枚撮る」と仰っていまして、僕はそれを信じて修業しています。なお、連続撮影はノーカンです。1枚1枚丁寧に撮って10000枚です。

最初は「狭っ!」と苦労した50mmという画角も、今ではすっかり身体に馴染みました。

ズームに頼らず身体を前後してフレーミングするのが当たり前になりましたし、友人からは「いいね〜」、「うまいね〜」など言ってもらえます。

極論、50mmなら工夫次第でなんだって撮れる感触がありますね。もちろん限度はあります。

 

と、そんな単焦点ばかり使ってきた僕が、望遠性能に特化したレンズを買いました。これでX-T1用のレンズがXF35mmF1.4 Rと合わせて2本になりました。

開封の儀的な

本ブログでは初の開封の儀です。

まず外箱。僕は箱を捨てられない派です(笑)

 

R1006992

 

R1006994

 

見づらいですけど、「OIS」とは手ブレ防止機構付きという意味。

 

R1006995

 

レンズフードがでかすぎる!

R1006996

 

魔法のレンズ「XF35mmF1.4 R」(左)とサイズ感を比べてみましょう。

 

R1006997

 

R1006998

 

R1007002

 

X-T1に装着するとこうなります。でかい・・・。でもカッコイイ。

 

R1007005

 

R1007006

 

R1007007

 

試し撮り

実はこのレンズは中古品。僕がお世話になっている「チャンプカメラ 港北ニュータウン店」で程度の良いものを購入しました。

 

DSCF3028

 

他のお店は知りませんが、チャンプカメラでは買い取ったものをメーカに整備点検してもらってから、販売しているとのこと。かなり綺麗でした。マウント部分もぴっかぴか。

 

DSCF3039

 

そんな綺麗な中古品を購入する前に試写させてもらいました。

 

DSCF3040

 

まず言えることはね、「ズームって難しい!!!」ってこと。

 

DSCF3041

 

今まで単焦点ばかり使ってきたので、ズーミングしてもどれが自分好みの絵なのか分からない。まぁ、慣れていくでしょう。

 

DSCF3048

 

おわりに

35mm換算で84-305mmまでカバーするこの領域をどう使っていくか。ここ数年は扱ったことのない画角です。

タイトルの通り、【圧縮効果】など新しい表現ができることは確実ですから、楽しみながら使っていきます。

 

購入したお店

チャンプカメラの港北ニュータウン店。

店長さん、博識でいろいろと相談に乗ってくれますし、良い意味で販売員としてざっくばらんに対応してくれます。やっぱりそのお店で買うかどうかって「人」だな、と思える方です。

ちなみに今回ちょっとオマケしてもらいました。感謝!

 

X-T1とそのレンズ群はいいカメラで仕事にも趣味にも使っています:

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

BlogやSNSに顔写真を公開するのはなんだか恥ずかしい。けれど、

  • 勇気を出して公開したい!
  • 今の自分を見てもらいたい!
  • 実は誰かに撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの応援を僕にやらせてください。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本市、下旬は横浜市にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、その他の場所にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたいな。

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

Profile

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!