フォトセッション(写真撮影)させていただいた方に感想を聞きたい

撮影後、ブログやSNSですごーくポジティブにシェアしてくれた方はいますが、それ以外の方の率直な感想って伺ったことがないな〜と。

お客さんは僕を信じて依頼してくれているわけだけど、僕だってただの人です。「任せな!」と自信満々に言える部分もあるし、弱いな〜/小さいな〜という部分だってある。

だから、撮影後は自己評価してるのね。

「あぁ楽しかった〜」から始まり(笑)、「ここはよかった!」や「こうした方がよかったかな?」、「次はこうしよう!」ってね。

 

[adSensecode]

 

でも、実際のお客さんの声を積極的に聞いたことは実は少ない僕。普通やっていそうなことなのにね。

 

正直にいうと、聞くのが怖かったからです。(他のフォトグラファーさんはどうなんでしょ?)

 

しかしさ、(ここブログ書いてて自分に腹立っているんですけど)怖いって自分を信じられていないだけなんだよね。勝手に自分はそうだとレッテルを貼ってるだけ。

 

そんなの失礼じゃない?お客さんにも、なにより自分自身にも。

自分を信じていれば、どんな意見も真正面から受け止められるし、その中から「なるほど」と思ったことを選択して次に活かせるもの。

 

僕は気持ちゆったりと頑張りたい。楽しく頑張りたい。そういう大丈夫ワールドにいたい。

そんな今の僕にとって、実はお客さんに意見を求めるのはすんごく怖いんです。(あ〜はずかしい)

でもね、そういうご意見(よかっただけでなく、ここは直した方がいいよ等)を聞けるのはすんごく貴重だと思うし、レベルをひとつ上げるために必要かなって思いました。

だから、怖いけどエイっと勇気を出して飛んでみる。

 

GR001486

 

おわりに

自分って意外と自分を見れていません。だから他力を頼らせていただく。「自分を信じる練習」です。

 

GR001485

 

というわけで、メールでもOKだし、SNSで繋がっている方はメッセでもOKです。あるいは次に会った時にでも、僕のセッションの感想を聞かせてください。もちろん任意でっせ。

▶︎連絡はこちらから:CONTACT

 

よろしくお願いします。

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORKS」へ。ご依頼は「CONTACT」からどうぞ。

写真のオシゴト一覧

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします