人見知りはたんに怖がっているだけ、不安という幻想に

僕は人見知り。最初に馴染むまでちょい時間ないし、きっかけが必要になる人です。馴染めばあとは楽〜に行けますが、そのための1歩が必要な人。

今回は人見知りについて考えてみます。

人見知りってね、たんに怖がっているだけ、不安という幻想に

↑まさにこの通りなんだと思うね。

では、なぜそういう行動パターンを取ってしまうようになったか?なぜ不安という幻想に怯えるようになったのか?

人それぞれ色々あるでしょう。過去の人間社会における体験、家族間との体験、原体験などなど。僕はそのうちのひとつに「拒絶」があるんじゃないか、と思う。

拒絶されるのが怖い。

でも拒絶する(という選択をする)のは相手です。こちらが気にしても仕方のないことですし、そもそも幻想です。

 

 
スポンサーリンク

 

過去の体験を解釈する

中学時代だったかな。男友達がいました。他愛のない話をしてよくふざけ合っていた仲だった。

ところがある日突然、その子が僕に対して急に拒絶しまくり。全く相手にしてくんないの。「怒」なオーラ半端ない。「ふぇ?ふぇーーーー!?」って感じ。

 

大人な今の自分なら「おぃおぃ、いきなりどうしたよ(笑)」というように、しっかり「聴く」対応をとるでしょう。(ふざけてる「(笑)」ではなく、穏やかなイメージの「(笑)」ね)

でも、一番繊細だった時代の花村少年は「え・・・?なん、で・・・?僕がなにかした?」でした。だから、これ以上彼を「怒」のままにするのもなんだな〜、触れないでおこう。と自然とフェードアウト。

 

はい、この選択。実は良くない選択ですよ。

なぜって?

心に反しているから。きっと望んでいなかっただろうから。

なにを?

「いきなりなんだよ!ちゃんと言ってくれないとわかんねぇよ!(怒)」
「なんだよ突然、いきなりそんなこと言われて俺、すごく悲しいよ」

これね、わかる?

 

本心に沿ってないってこと。自分を大切にしてないってこと。

 

感情の赴くまま吐き出すことをしなかった。真正面からぶつからなかった。本当の意味で「誠実」に接しなかった。結果「自ら引く」という行動パターンを選択するようになった。

 

・・・んじゃないかなって思ったのだ。

GR031751

 

未完了の感情

そんなわけで、「感情の赴くまま吐き出すことをしなかった」花村少年は未完了の感情というものに囚われています。大人な今でもね。

スッキリさせるには、やっぱり自分で自分を癒すしかないです。自分で自分にOKを出すしかない。

 

「うんうん、本当はこっちも感情を出し切りたかったよね」
「ちゃんと言ってくれないと、わからないよね、あいつも悪いよね」
「そうだったね〜、あのときそうやって悲しさをぶちまけたかったよね〜」

 

今の自分が、子供の頃の自分に寄り添う。傾聴する。

 

頭の中でやるより声に出した方がいいよ。自分の口から発し、自分の耳で聞く効果は計り知れないからね。だから、部屋で一人の時にやるのがベスト。

場合によっては泣いちゃうかもしれない。

でもね、それはしっかり感じきってください。涙することが今は大切なのことだから。

 

GR031748

 

「怒」は相手の課題、自分はまったく悪くない

彼は「怒」のオーラを出しまくっていたわけだが、思春期のあれこれなのかな〜と今だと思うし、不安だったのかもしれないなとも思う。怒りって不安だからこそ、周りにぶちまけるものだし。

ただね、ここですご〜く大切なことを言っておきます。

「急に拒絶しまくり。全く相手にしてくんないの。」という行動をとったのは彼です。自分は何も悪くありません。正確には自分の人格、Beingはなんら悪くないです。彼がそういう行動を選択しただけです。

このとき「自分なんて・・・」と自己否定してしまう人がいますが、そこに囚われないでね。(過去の僕)

 

こちらの言動(Doing)がキッカケになったのかもしれないけど、それはたまたまね。たまたま相手の中に問題があったってだけ。たまたまそのスイッチに触れちゃっただけで、そもそもの「怒」の感情を彼は持っていた。

もちろん、物理的な暴力や口の暴力が原因だった場合はしっかり謝ったり、誤解を解いたりしましょう。思い当たる節すらないなら、本当はしっかりと聴いてあげるのが一番なんだよね。

だから自分のBeingは悪くありません。間違ったDoingなら直せばいいんです。

 

GR031752

 

おわりに

大切なことは3つ。

  • 伝えたいことがあるならちゃんと言おう、言葉にしないと伝わらない
  • こちらの言動に対して、どう受け取るかは相手の課題
  • 関係を築きたいのでしたら、感情を伝えよう

 

最後に人見知りの話に戻すと。

こちらのアクションに対してどう反応するのかは相手次第です。その「反応の源泉」を持っているのは相手。こちらがイメージしてしまっている不安なんてただの幻想。

だからさ、

その人と話したいと直感したなら、その直感を信じて話せばいいんだよ。大丈夫だから。

 

GR031754

 

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。
僕のできることで「あなた」を世界に伝えるメッセンジャーとして活動中。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で