「やったことがない」のあとの選択

IMG_1343

 

「 やったことがない」

そのあと、あなたはどのような選択をしていますか?

  1. やったことがない、だから、自分にはできない
  2. やったことがない、それは、自分は(その経験や方法を)知らないだけ

 

「やったことがない、だから、自分にはできない」を選択した場合

「できない」という選択をするのはもったいない。それはやってもいないのに勝手に試合終了にしているだけ。

だから、本当は「できない」という選択をしてしまう自分の心と向き合うとき。

 

その根本にあるのは、できなかった時の自分を見たくない、恥ずかしい、バカにされるという気持ちであることが多い。

最後の「バカにされる」は「周りに」と思いがちだけど、その実は「自分に」と思っているだけ。

 

一言で表すならプライド。

持ってなくてもいいプライドが自分を邪魔しているだけ。だから、やる前にやらないことを選択してしまう。

 

[adSensecode]

 

「やったことがない、それは、自分は知らないだけ」を選択した場合

一方、こう思えればすごく楽。

そもそも「知らない」はあたりまえの事実。それ以上でも以下でもない。なにより自分の価値や魅力は変わらない。

この後はやりたいか、やりたくないかの選択です。WANT。ワクワクするか否かが決め手。

 

IMG_1347

 

写真家 ハービー山口さんの本「良い写真とは? 撮る人が心に刻む108のことば」にとても素敵なことが書かれています。

 

「人生はチャッ、チャッ、チャッ。chanceを得て、challengeして、自分がchangeしていくのが人生」

かつて薬師寺の説法でお聞きしました。

 

人生という長大なことでも、日々のちょっとしたことでも、変えたい(change)と願うならば、たとえ知らないことでも挑戦(challenge)することはとても素敵なことだと僕は思う。

人には自己実現、自己表現の欲求があるし、とても自然な行為です。

これからの人生で、その機会(chance)があなたの目の前にふっと現れたとき、自分の心に恐れとワクワクが同居したなら、挑戦を選んだ方がのちのちきっと楽しくなる。

 

IMG_1342

 

そもそも失敗は存在しない。全ては経験になります。

そう、僕は思ってる。

 

撮影:Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

撮影:Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術:Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。