良い写真とは?撮る人が心に刻む108のことば by ハービー山口を読んで思う僕の写真観

R1008174

 

ハービー山口さんの「良い写真とは?撮る人が心に刻む108のことば」、コツコツ読み続けて読了しました。

いまの僕の写真の心、写真観にトクン・トクンとやさしく響く内容でした。

これまでハービーさんの本を読んできて感じるのは、いずれも写真を撮る者の「在り方」に響く本だということ。そう、僕は思う。

 

写真を撮る。

これは自分と相手がいないと成り立ちません。相手とは「人」であることはもちろん、「風景」や「料理」だってそう。相対するヒト/モノ/コトがあるから成り立つ行為。自分ひとりだけでは決して成り立たない行為。

撮影にはカメラの使い方、ブラさない姿勢などテクニックに類するもの(Doing)はもちろん必要だけど、相対するとき、撮らせていただくときの在り方(Being)も必要なこと。

僕はポートレイトを撮るからこそ、Doingはできて当たり前、そしてBeingこそが本当に大切なことだと思っている。

それは自分が撮られる側に立ったときの経験があるから。「もっとこうしてほしいな〜」や「自分だったらこう接してくれたら嬉しいのに〜」という想い。それがあるからこそ僕は大切にしている。

 

写真というのは、もしかしたら自分とヒト/モノ/コトとの関係性の本質をいうのかもしれないね。

 

R1008175

 

話を本に戻しましょう。

ご覧のように「なるほど」「ですよね」と特に感じたページには付箋を貼りました。色の違いは特になし。途中で無くなったから(笑)

本って不思議でね。読むたびに響くポイントが違うことが多い。昨日読んだときはピンとこなかったのに今日はくるみたいな。

ひとまず読了1回目の付箋の量はこのくらい。いずれまた再読するとき増えるか減るか。減るってことはその在り方がもう自分の中で当たり前になった証。

 

今回読んでいて一番の「ですよね」は巻末ここ。

朝目覚めた時、「あー、今日は何か良いことがあるかも知れない」と感じることが出来、そして1日に1回でも充実感が感じられる一瞬があったら、その人はそれだけで幸せです。

 

ホント、そういう「在ること」に気づくことから幸せって始まっていくんだよね。

 

撮影:Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

撮影:Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術:Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。