IMG_1790

 

本屋さんに立ち寄ったときにふと感じたこと。

 

写真の情報をキャッチするアンテナ強度が上がってきた!

 

本屋で突然、冒頭の2誌が目にとまりました。

▶︎参考:プラス アクト
▶︎参考:出版社スイッチ・パブリッシング公式ページ

 

これまでも撮影前に男性誌や女性誌、旅雑誌、料理雑誌などを参考にさせてもらってきたけど、上記の雑誌はほぼ初めて。

急に目にとまった。

なんでだろう?

人を撮るようになって、人をもっと撮りたいと思えてきて、

引き出しを増やしたくなったのかな?感性を刺激したくなったのかな?

きっとそうなのかもしれない。

 

パラパラと中を見るとどの写真もカッコいい。

被写体が男性でも女性でもなんかいいな〜、素敵だな〜と感じるようになった。

特にSWITCHの最新号(本記事投稿時)では、ハービー・山口さんがコブクロさんを撮っているページがあったからなおのこと。

 

[adSensecode]

 

外部情報にふれて自分の中で響くということは、自分の中にその感性があるってこと。

ヨシッ!これからも定期的に見て、それを育てていこう。

 

たくさんの情報にふれることは大切。

だけど闇雲にふれるのではなく、ピンときたときに、ピンときたものにふれる。

その方が、受け取れる質がすごいことなる、と僕は思います。

 

ちなみに、+act.の表紙と中の数ページは、写真のBeingの師匠、タクマクニヒロさんが撮っています。撮影時間5分しかなかったってよ。すげぇですよ。

▶︎参考:白飛ばし簡単ライティング。 | カメラマンへの道

写真のオシゴトやってます

撮影:Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。基本的にマンツーマンのセッション。

撮影:Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

写真術:Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、兵庫に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。写真で「自然体のあなた」を世界に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「予約フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします