ポートレイト撮影のオシゴト Vol.7 Trumpet player-02

GR030780

 

2016年8月、トランペットプレイヤーの中原英則さんのポートレイトを初めて撮った時の話。

▶︎2回目の撮影の記事はこちら:ポートレイト撮影のオシゴト Vol.6 Trumpet player-01

 

この日は急に「今撮ってよ!」ときてびっくりしました(笑)

「ええ!マジッスカ!?」だったけど、たまたま持っていたRICOH GRで撮影スタート。ほんと持っててよかったよ・・・。

Lightroomでエディットしていて思ったんだけど、コンデジでもGRはすごい。トータルバランスや色はメインカメラのFUJIFILM X-T1の方が好きなんだけど、いやいやGRだって良い絵をたたき出します。

 

GR030796

 

ヒデさんと出会ったのは、僕がときどきスタッフをしているKNOWERSのイベントでした。(ほぼ)月次イベントである「まつもとコネクト」。そこで登壇した日でしたね。

 

「まつもとコネクト」というのは、「長野で〜〜〜なことしたい!だけどどうして良いかわからないから助けてください!」のように、登壇者が熱い想いを聴衆者に語り、聴衆者ができることを登壇者に返す。

「〜〜なこと」はローカルの課題であったり、学生が「自分たちの憩える場を作りたい」などの話だったり様々。

助けられそうな人とつなげたり、スキルや情報を伝えたり。ときに厳しい意見を返すこともあれば、とても暖かいエールを返すことも。そういう「コネクト」な場です。

 

実際に信大の学生さんが空き家をリノベして作っちゃったんですよ。彼ら彼女らの行動力もそうだし、地域の支えもあったからこそでしょう。

 

GR030798

 

僕がイベントで語った内容は「まつもとコネクト」らしくはない路線だったんだけど(笑)、それでも登壇した後、ヒデさんは僕に話しかけて名刺交換したり。ヒデさんの他にも数名の方とも名刺交換。

実は、信州に移住したての頃だったから、地元の方と接することができてかなり嬉しかったんです。

 

それから数ヶ月後、僕が「ブラックコーヒー飲めるようになりたい!」とFacebookに投稿したとき「余ってるコーヒーメジャーあげるよ」とスタバで合流。

このときから交流するようになったと思う。ヒデさんはコーヒーの淹れ方などを、僕は心理やWordPressのことなどをGive & Giveしながら。

で、いつしか冒頭の「今撮ってよ!」となるわけで(笑)

 

GR030768

 

ヒデさんはJazzをやる方だし、ほんわか明るい調子の絵より、渋くカッコよくした方がグッと来るはず、と考えて仕上げました。

 

その甲斐あってか、ヒデさんは納品したデータを自身のZINEに使ってくれてね。ありがたいね〜。

Twitterでは冒頭の写真についてこのようなつぶやきも。嬉しいね〜。

 

ヒデさんはFacebookをやめたため最近は交流していませんが、WebサイトやTwitterを見るに、ちゃんと生きてるし相変わらず「トランペット愛」はもんのすごいので安心しています。

▶︎公式サイト:Hidenori Nakahara Official Website | Trumpet Player
▶︎Twitter:Oresama

 

※掲載した写真は2016年8月に松本市内で撮影したもの
※この日の他の写真はFlickrにあります → 2016.08.30_トランペット奏者 | Flickr

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で