ポートレイト撮影のオシゴト Vol.7 Trumpet player-03

DSCF2082

 

2016年10月、トランペットプレイヤーの中原英則さんのバースデーライブの写真。

この日は友人として撮りました。

 

DSCF2081

 

ヒデさんの奏でるサウンドはどこかが違う、と思う。

と、語れるほど僕にJazzの知識があるわけじゃないけどね。

 

 
スポンサーリンク

 

それでも僕の言葉で言うと、Jazzとは基本的に自由で奏者たちのノリと阿吽の呼吸、つまり、インプロヴァイズでセッションしていくものであり、音色についてはテンポが良かったりスロ〜だとしても「曲」として「こうだよね」という”ある程度”の枠組みがあるもの、と思っています。

 

DSCF2079

 

だけど、ヒデさんのサウンドはちょっと違っててエネルギーが独特。

内在するエネルギーを溜めて溜めて、すこ〜しずつ出して出して、最後にドバーーーと吠える、吠え切る。

そういうプレイスタイル。

前述した「こうだよね」というルールに囚われず、自由に音を奏でている。いや、叫んでいたとも言えるね。

きっと「そういう想い」があるんだろうな、と少し思う。

 

自身のサウンドについて彼はこう説明してくれました。「ノックダウン」という言葉を使うあたり、文章がかっこいいと僕は思うな。

 

▶︎ヒデさんの公式サイト:Hidenori Nakahara Official Website | Trumpet Player
▶︎Twitter:Oresama

 

※掲載した写真は2016年10月に松本のVENUSで撮影したもの → 長野県松本市のスナックバー VENUS(ビーナス) | 松本駅からすぐ
※この日の他の写真はFlickrにあります → 2016.11.01_Jazz live | Flickr ※Public設定の写真は少なめです

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で