松本のHOP FROG CAFE、美味しいコーヒーとこだわり方がすごく心地のいいお店【日記 2017.11.15】

vf_DSCF8669

 

松本で僕がよく行くパン屋さんのひとつアンゼリカさんがあります。うまいんだなこれが。でね、ここの女将さんにオススメのコーヒー屋さんを紹介されたので行ってきました。

クラフトビールと自家焙煎のスペシャルティーコーヒーが飲める「HOT FROG CAFE」に。

▶︎参考:HOP FROG CAFE craft brew – クラフトビールと自家焙煎スペシャルティーコーヒー
▶︎参考:Facebook page

 

冷めても味が変わらないコーヒーがすごい

vf_DSCF8673

 

コーヒー豆はオーガニック。ブレンドはなくストレート。それをかなり浅煎りにしているそうです。

だからこそ、豆本来の味と香りが楽しめるとか。最初口にしたとき僕はほうじ茶かと思ったほどでした。すーっと飲める。コーヒーのいわゆる「(ごくん)んん!・・・ハァ〜」みたいな苦くコクのある味でなはくとてもあっさり。

こういうコーヒーもあるんだなと衝撃。僕は好き。

 

vf_DSCF8677

 

でね、いわゆる普通のコーヒーは冷めると味が変わってしまうものですが、FLOGさんのコーヒーはそんなことなくて冷めてもずっと同じ味。変化はしているのでしょうけど、そのすべてのグラデーションが楽しめる味でした。これはびっくり。

今回飲んだ豆はほぼ酸味のないブラジルでしたけど、ちゃんとした酸味はコクや苦味や甘さを引き立てるそうです。嗜好品ってほんっと〜に奥が深いよね。

 

 
スポンサーリンク

 

お店と女将さんの在り方が素晴らしい

vf_DSCF8678

 

1時間半くらい女将さんとお話ししました。

事前に「アンゼリカのおばちゃんから紹介されて来ました〜」と伝えたことで、「初めまして」の敷居が下がりすぐ馴染めました(笑)

 

女将さん、コーヒーやクラフトビールに対する在り方や生き方がすごく素敵です。

「やりたいことしかやらない」「楽しいか楽しくないかで選んでる」といった、僕もいる世界の「在り方」をされている方がここにもいた〜と嬉しくなっちゃいました。

コーヒーやビールの知識、愛はもちろんあると感じましたし、全てのお客さんウケを狙ってサービスをするのではなく(消耗しちゃいますからね)、自分たちがやりたいことをやりたい方法でやって行く。私たちに共感してくださる方と共に歩んで行く。

そういう感じが素敵。

 

vf_DSCF8680

 

コーヒーやビールを通じてそういうことを伝えていきたいんだろうな〜と僕は感じましたね。これ、僕が「写真」というツールを使って人と接していきたいことと全く同じ。

そうそう、FLOGのご夫婦、僕と同じ松本移住者でした。僕より3ヶ月先輩です(笑)

おわりに

vf_DSCF8681

 

スペシャリティコーヒーは5種類くらいあってどれも500円で飲めます。これね、破格。「まずは飲んで欲しいから」と女将さんは言っています。その気持ち、ありがたくいただきます。

クラフトビールは常時10種類あります。定番なし。注ぐグラスも様々。アンゼリカのおばちゃんはビール飲めないのにFLOGさんのは飲めるそうですよ。

というわけで

  • 普段とは違うコーヒーを飲みたい
  • しっかりとしたビールが飲みたい
  • コーヒーとビールの本質を学びながら飲みたい

そんなときはFLOGさんに行ってみるといいですよ。

 

HOP FLOG CAFE

松本駅から徒歩12分。

▶︎参考:Access – HOP FROG CAFE craft brew

営業日(2017.11.15現在)
月曜日:定休日
火曜日:定休日
水曜日 :10:00-22:00
木曜日 :10:00-22:00
金曜日 :10:00-22:00
土曜日 :10:00-22:00
日曜日 :10:00-22:00

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。
僕のできることで「あなた」を世界に伝えるメッセンジャーとして活動中。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で