過去の投影から自分の本音を知り、心のブレーキを外していく

Facebookを見ていたら心理学用語の「投影」をよく目にします。友達各位も自分を見つめているご様子。

そんな僕も自分の内と向き合っていてさ。

過去の出来事に僕はどんな投影をしていたかなぁと振り返ってみたら、自分の本音と、自分にブレーキをかけている元凶に気づきました。あぃや〜。

シャドウの投影

IMG_2417

自分が無意識に禁止していることを他者に見る投影。自分にはできない「それ」を他者は悠々とやっている。だからモヤっとする。その「モヤっと」の奥を見みてみると分かることがあります。

それは「あぁ、俺、本当はあれやりたかったんだなぁ」ってこと。

禁止していることは、実は本当は自分もやってみたいことだったりするからね。

シャドウの否定からの気づき

IMG_2416

僕はシャドウを否定して生きてきた。「〜〜はダメ」という価値観で生きてきた。

否定した世界が僕にとっては正だから、その世界を経験し続けるために、僕はとんでもない力で自分にブレーキをかけていたんです。

例えば、「〜〜したら、〜〜しなくてはいけない」、「〜〜は〜〜でなくてはいけない」という自分ルール。自分縛り。

直近の迷いでいうと、「一度買ったガジェットは壊れるまで使い続けなくてはいけない」かな。「まだ使えるんだから買ってはいけない」や「買ったからには使いたおさなくてはいけない」もそう。

「使いたおす」って曖昧な基準だよね。それに、これ我慢の世界だよね〜。も〜アホかと(笑)

ブレーキをゆるめよう

IMG_2415

そのブレーキをゆるめたい!

どうしようか?

  • 抑えていることに気づいてあげる
  • 「本当は〜〜したかったんだなぁ」と自分で自分に声をかけてあげる(心の中でもOK)
  • 自分のあらゆる欲に素直になる

つまり「認めてあげる」ことだと僕は思う。「あ〜、そうだよね、そうだよね〜」とゆるくていいから認めてあげる。

おわりに

IMG_2410

自分でもびっくりするくらい凄い力でブレーキかけてますね。

その力をいきなりゼロにすると反動もすごそうだから、前述の「認めてあげる」ことからコツコツとやっていきます。

ことあるごとに認めてやるね。「1」の自分ではなくて、認めてあげて「1.01」の自分を常にキープ。「1.01」の自分を複利的に育てて行く。

そうすりゃいつかそのブレーキもゆるゆるのゆるゆるになるでしょうよ。

 

[追記] 1.01のイメージがしやすいように詳しく書きました
►参考:2018年を劇的にゆるく成長するために僕がやること