X-T1の電子シャッターを使って、真っ昼間の絞り開放撮影を楽しんできました!

先日、代々木公園で桜フォトウォークしたときに、初めて電子シャッターを使ってみたら「こりゃ便利だわ〜」と嬉しくなったのでエントリー。

■フォトウォークのヨウスはこちら
【桜フォトウォーク】Cafe Mame-Hico、上品なお店で朝ごはんを楽しむ

 

 
スポンサーリンク

 

フジノンレンズは明るすぎて困りますw

フジノンレンズ、特に単焦点レンズは、F値が1.2や1.4とけっこう小さいレンズが揃っています。俗に言う「明るいレンズ」です。

▶︎参考:デジタルカメラ | 富士フイルム

 

これって凄いんです。何が凄いのかカンタンに言うと、

  • F値が小さいからボケる!(正確にはぼかしやすい)
  • F値が小さいから暗いところでも撮りやすい!(手ブレしにくい)

とゆーのがあります。

さて、この「明るいレンズ」にも困ったトコロがあるんです。それは

 

明るいところで、開放で撮ると白飛びする!

 

つまり、天気のいい真っ昼間にはカンタンにボケさせられないってこと。

厳密にいうとボケさせることは出来ますが、ここでは「手軽に」という意味です。また「開放」というのは「F値がいちばん小さい」ってことです。

 

僕が使っているカメラ、X-T1の最速シャッタースピードは1/4000秒。これでは遅すぎて(光を取り込む時間が長すぎて)白飛びします。せっかくのステキレンズ「XF35mmF1.4」が開放で楽しめない。

明るいのに!綺麗なのに!ステキなのに明るすぎて困る!

っていう状況を打ち砕くファームアップが昨年12月にありました。

 

DSCF3188

 

最高速度1/32000秒の電子シャッター

サイトから引用します。

 

最高速度1/32000秒の電子シャッター
超高速電子シャッターを使えば、晴天時の雪原や海岸などの明るいシーンにおいて、開放F値で被写界深度の浅い写真を撮影しても露出オーバーせず、美しい画像を撮影することが可能。開放F値が明るく高性能なXFレンズの撮影シーンを広げます。さらに電子シャッターでの撮影時に、シャッター音、シャッター音量を変更可能。シャッター音を消して撮影することもできます。

 

ただし、

 

動いている被写体については、画像が歪んで撮影される場合があります。フラッシュ撮影はできません。

 

とのこと。このファームアップは電子シャッターを含む数多くの対応がなされた素晴らしい対応でした。

 

ここからちょっとマニアックなこと書きますね。

X-T1のようなミラーレスカメラは、通常フォーカルプレーンシャッターとかゆー物理的な幕がセンサーの前にあります。光を遮断しています。

シャッターボタンを押すと、それが「シャシャッ!」と高速で動いて、(その動いている間に)センサーが光を取り込みます。この「シャシャッ!」がシャッタースピード。

 

フォーカルプレーンシャッターは、一般的なコンデジのレンズシャッターに比べて高速で動かせますが、明るいレンズを開放で撮る場合にはまだ遅いのです。

対して、この電子シャッターは、ソフトウェア的(?)に「シャッターがシャシャッ!って動いてセンサーが光を取り込む」動作をやっている模様。

 

結果、物理的な幕を動かすスピード以上のスピードが得られたってことしょう。スピードの向こう側的な?(このネタ分かる人がいたら同年代ですね)

なにはともあれ、シャッタースピードが速くなるのでしたら大歓迎です。

 

DSCF3192

 

何がいいの?

天気のいい真っ昼間でも開放で撮れます。

せっかくの明るいレンズです。XF35mmF1.4ならば、F1.4のまま使いたい。ピント面はシャープで、ピント面以外はボヤ〜という表現にしたい。

少なくとも僕の望む撮り方ができるようになりました。

例えば、▼これはシャッタースピードが1/4000です。背景はボケてていい感じですが、明るすぎて菜の花の黄色が見づらくなってます。

 

DSCF3226

 

そこで▼電子シャッターで1/5000にするとどうでしょうか!?

 

DSCF3225

見やすくなりました。

もちろん作風によります。白飛びするかしないかのギリギリのふんわりフォトを目指すなら、電子シャッターを使わない撮り方もあるでしょう。僕も限定的に使っていましたから。

例えば、1/4000のギリギリのふんわりフォトが▼こっち。

 

DSCF3185

 

1/10000の電子シャッターが▼こっち。写真としては僕は上の方が好き。でも、花弁の陰影はこっちの方がつかみやすいと思います。

 

DSCF3187

 

電子シャッターは表現の幅が広げられる機能なので、好きなように撮ればいいと思うんです。

併用設定ができる

この電子シャッターは、設定メニューからフォーカルプレーンシャッターと併用が出来ます。
(MS=メカニカルシャッター=フォーカルプレーンシャッター)

 

IMG_0132

 

こうすることでシャッタースピードを数秒〜1/32000まで全自動で出来るようになります。この設定は便利!

これから春になり暖かくなっていきます。自然と日中のお写ん歩も増えてきます。

これまでは、いい天気の日中はPモード(F値もシャッタースピードも全自動)にしていたシーンでも極的に開放が使えるわけですね。楽しみ!

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

BlogやSNSに顔写真を公開するのはなんだか恥ずかしい。けれど、

  • 勇気を出して公開したい!
  • 今の自分を見てもらいたい!
  • 実は誰かに撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの応援を僕にやらせてください。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本市、下旬は横浜市にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、その他の場所にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたいな。

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

Profile

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!