モヤモヤを手放して「自分のための時間」を過ごす方法

モヤモヤ。

例えば「あのとき、あ〜したから、今こ〜なって、この先もきっとこうなるに違いない!」というもの。

これ、「ストーリーに入ってる」と言います。

思考に陥っていると言ってもいい。けど、単なる想像でしかありません。この先に起こることなんてわかりませんし、今目の前に起きていることがただ事実。

 

モヤモヤ。

「せっかく〜〜したのに、なんであの人は(自分の思う通りに/無意識含む)してくれないのよ」というもの。

これ、「他者の領域にいる」と言います。

自分ではコントロールできない部分です。そもそも人は他者をコントロールはできません。人を気にかけて、導くことはできても、最終的に次の行動を選ぶのは他者本人だからです。

 

以上のよくありがちなモヤモヤ。

これが「ストーリーだ」「他者の領域だ」ということに気づけたらラッキーです。

 

 
スポンサーリンク

 

自分のための時間を取り戻す3ステップ

(1)笑い飛ばす

気づいたらまずこれをしましょう。

「うわー、今僕〜〜〜(← 勝手にストーリーに入ってる内容)って思ってるんだ!?あほやん(笑)」のように、口に出して笑い飛ばす。

自分客観視 → 笑い飛ばす。

口に出して耳で聞くのが大切。感情と思考がいい感じに分かれて、感情と適切な距離感が取れます。

(2)手放す

ひとしきり笑い飛ばしたら手放します。というか、人によっては笑い飛ばした瞬間に手放せている方もいるかもしれません。

それでも手放せないなら、手放す、と決めればいい。

それでも手放せないなら、もう手放した、というテイにすればいい。

つまり、「もう(あのことやあの人のことなんか知らない)自分のことをやろーやろー」と考えていいってこと。

少しずつでいいです。そう思っていくと自然とモヤモヤは溶けて消えていきます。

(3)心のデフラグ

すべては「たまたま」起きたことだからちゃっちゃか整理整頓しちゃいましょう。

「あのとき、あ〜したから、今こ〜なって、この先もきっとこうなるに違いない!」の「あ〜した」や「こ〜なって」は「たまたま」ですし、それが関係して今が起こっていたとしてもそれも「たまたま」です。

だから「たまたま、なんだよね」と思って平気。

心のスペースを整理するとね、ヒト・モノ・コトは自然とうまく流れ出します。自分の世界観がクリアになるから。

 

GR032419-2

 

おわりに

ストーリーにとらわれたり、他者の領域にいる時間は「自分のための時間」ではありません。他人軸にとらわれています。

笑い飛ばして、手放して、軸を自分に戻そう。自分のやりたいこと/やれることのために時間を使っていこう。

それが結果的に自分や周りを幸せにすることに繋がるって僕は思うから。

 

GR032417-2

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。
僕のできることで「あなた」を世界に伝えるメッセンジャーとして活動中。

詳しいプロフィールはこちらへ。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で