自分が封印してきた「力」に気づいた日、言えた日、癒えた日

ある日の夜、「僕が自分のエネルギー(主に男性性かな)をいかに封印してきたか」に気づかせてくれた出来事があったのね。

なんだか悔しくて、むかついて、機嫌が悪くなったよ。でも、だからこそ「じっくりと自分に向き合おう」と前を向いたのさ。

落ち込むことなく、そうできたのは我ながらすごいと思う。成長したなって。

 

幸いにも、昨年のLPLを機に自分の中の男性性を受け入れられ、育ってきてる。

今まで封印してきたのは、たぶんそのメリットがあったからなんだけど、そこに違和感を感じて「これからの人生」を変えるために僕は2013年から動いてきた。

もう古いメリットが今のメリットじゃなくなってる。ホントに望むものじゃなくなってる。

何をしても、何が起こっても僕の「いのち」や「価値」は変わらない、ということはLPLを学んでわかった。

だったら、より「ウリャウリャ〜!!」と輝くために、ホントを手にするために、いままでの「ありえない」領域のことをやるときなんだろうな。

だって、自信はやることで培われるものだから。

 

vf_DSCF4284

 

気づき前の気づき 〜すべてはプロセス〜

前述の出来事(じっくり自分と向き合う)がある前、お昼頃かな、に僕はあることに気づいた。

自分の周辺をどう見るか?
周辺から受け取る情報をどう解釈するか?
自分に起こる出来事、人間関係などなどの現在過去未来すべて。

 

これは「ホントに自分の在り方ひとつなんだなぁ」と腑に落ちたんだよね。

 

機嫌が悪ければ、機嫌が悪くなるように世界が見えるし、目の前に現れるし、そう受け取ってしまう。逆に機嫌が良ければ正反対のことが見えるし、現れるし、受け取れる。アドラー心理学で言うところの目的論。

だから、ホントに自分の在り方ひとつ。それは「自分はこんなことをやれる人」と思うことも同じ。

自分の価値を決めるのは自分です。
自分のことを大切にするのも自分。
自分を信じるのも自分。

生まれてから死ぬまで一番長く付き合うのは自分なんだから、ゴキゲンでいるために在り方を大切にしたいよね。

 

vf_DSCF4282

 

翌朝の気づき 〜全部つながっている〜

前述の出来事(じっくり自分と向き合う)の翌朝、シャワー中に新たな気づきがきた。

中学時代、本当は力を出したいのに抑えてしまった自分がいた。いくつかのシーンが思い出される、ってことは「未完了の感情」ってこと。

抑え込んでしまった過去の自分、そうすることが(学校、クラスにおいて)生き残る方法だと勘違いしていた過去の自分。

心の中でそいつにさ、今の自分が寄り添ってみた。こう声をかけたよ。

「我慢してたよねー」
「出したかったんだよね」
「やりたかったんだよな」
「だって、こっちの方が強いんだからやり返せたよ」
「平気だよ」

そして最後に、自然とすっと出てきた言葉がこれ。

 

「力を出していいんだよ」

 

で涙腺崩壊。

言えた。
言ってやった。
だから、癒えた。

前夜の気づき、前々夜の気づき、それらがあってからの朝の気づき。本当にぜんぶがぜーんぶプロセスだね。

 

vf_DSCF4258

 

おわりに

嫌な気分になったり、人を見てもやっとしたときは自分を見るときだよ。

なんでこんな反応をしているんだろう?
そう感じたのはいつだろう?

嫌だけど、ときに心が痛むけど、自分を見てみる。そうするとけっこうスッキリする。

そんで最後に思ったのはこんなこと。

 

『 封印してきたってことはな?
もう僕には「伸びしろしかない」ってことだよな(笑)』

 

この記事を書いている今の僕は調子にのってる。言い換えると、自分のリズムに乗れている。

うん、この感覚は覚えておこう。

また落ち込んだりしたら、この感覚を思い出していけば大丈夫だ。

 

vf_DSCF4272

 

僕にとって「力」はすごく大事なキーワードらしい。これも覚えておこう。

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。
僕のできることで「あなた」を世界に伝えるメッセンジャーとして活動中。

詳しいプロフィールはこちらへ。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で