Blenderでカメラをつくる(1)【下絵の設定】

Blenderでつくる・あそぶ・楽しむために学習日記を書いていきます。

アウトプットするために手を動かす。

これが最高の学習方法なので、少しずつ手を動かしてその成果をブログにするというチャレンジ。

事の発端はこちら。
►参考:【「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる】を読んでいる途中で決めたことをスタート!

 

題材は僕のメインカメラ、FUJIFILM X-T1にしました。

いきなり形状が複雑なものを選びましたけど(笑)、模倣するのが目的ではなくてね、ただ手を動かしてモデリングをやりきりたい。これがゴールです。

つくるのはデフォルメしたカメラでもいいし、慣れてきたら細部にこだわってみてもいい。そんなゆるゆるです。

でもね、すっごく前からやってみようとして全然手をつけてこなかったCGをいよいよ始めていきます。

というわけで、第1回は下絵の準備をしました。

下絵の設定方法

  • 「N」キーでプロパティシェルフを開く
  • 「Background Images」をチェック
  • 「Add Image」をクリック

 

20180326a

 

AxisのFront、Right、Top(正面図、側面図、上面図)に下絵を設定していきます。

 

20180326b

 

  • Frontの設定(「X:」や「Y:」で下絵の位置を調整)
  • 「1」キーでFrontビューにすると設定した下絵が表示される。
  • 下絵は「平行投影」のときに表示されるので、「5」キーで透視投影から切り替える。

 

20180326c

 

  • Rightの設定(「X:」や「Y:」で下絵の位置を調整)
  • 「3」キーでRightビューにすると設定した下絵が表示される。

 

20180326d

 

  • Topの設定(「X:」や「Y:」で下絵の位置を調整)
  • 「7」キーでTopビューにすると設定した下絵が表示される。

 

20180326e

 

下絵の設定ができました。

 

20180326f

おわりに

題材の写真をサクッと撮ったせいか、Photoshopで拡大したり縮小したり、そういう作業が必要になりました。しっかりとまっすぐ撮らないと面倒なことになりますね。

元から3面図があるモノを使った方が楽かもしれませんが、やっぱり僕にとってカメラは身近なモノなので、X-T1を頑張って作っていきます。

今回覚えたこと

  • プロパティシェルフのBackground imagesで下絵が設定できる
  • 1:Frontビューの表示
  • 3:Rightビューの表示
  • 7:Topビューの表示
  • 5:透視投影(Perspective)と平行投影(Orthographic)の切替
  • N:プロパティシェルフの表示/非表示

参考サイト

Blenderの易しい使い方 | 3DCGソフト「Blender」の使い方について解説するサイト

参考図書

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。
僕のできることで「あなた」を世界に伝えるメッセンジャーとして活動中。

詳しいプロフィールはこちらへ。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で