Blenderでカメラをつくる(5)【モデリングの続き】

コツコツと作っていきます。

ダイヤルボタンを作っていく

ただ、下絵のスケールが・・・3面図それぞれの下絵が・・・スケールが違っていて辛い。

正面図をベースにCylinderを置いても

20180331b

側面図では「ぽく」見えても

20180331c

上面図ではああああ・・・

20180331d

「あ〜も〜いい!」となったので「だいたいでええわ」と方針変更。正面図をベースにして大体の位置で作っていきます。

CylinderはShift + Dで複製して作りました。

シャッターボタンを作っていく

気を取り直してシャッターボタンを「だいたい」で作っていきます。

  • Shift + A → MeshからCylinderをクリック
  • Tabでエディットモードへ
  • Eキーで上の面を押し出したりして形を作っていきます
  • alt + 右クリックで辺をループ選択して拡大縮小したり

20180331e

シャッターの先端の出っ張りの部分。

面を選択して、前回覚えたSキー(拡大縮小機能)でY軸方向に面の位置を揃えます。

20180331f

揃った面を移動してそれっぽく編集するとこうなる。

どうでもいいかもしれませんが、僕ってこういう「メッシュの絵」ってすごく好きなんです、萌える(笑)

20180331h

下絵と合わせてみるとこんな感じ。

20180331g

おわりに

Blenderは操作体系が独特と聞きますが、慣れてしまえばたぶん平気な気がします。

そのためにコツコツは練習あるのみなんだろうな。

今回覚えたこと

特になし。

今回使ったショートカットキー

  • shift + D:選択したオブジェクトを複製
  • E:押し出し
  • alt + 右クリック:ループ選択

参考サイト

Blenderの易しい使い方 | 3DCGソフト「Blender」の使い方について解説するサイト

参考図書

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。
僕のできることで「あなた」を世界に伝えるメッセンジャーとして活動中。

詳しいプロフィールはこちらへ。

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で