X-T1で信州を撮る!XF55-200mmが楽しい、素晴らしい、買って良かった!

2015年4月、長野県松本のKnower(s)さんちでいちご大福をつくったとき、2月に買ったばかりのXF55-200mmを持っていきました。

そりゃ〜試し撮りするでしょ!ってことで夕方の白馬/大町と夜の松本で撮影してきました。

 

▼「レンズを持っていったよ」って証拠の1枚。風が強すぎて超絶寒かった。

 

IMG_0235

 

実際にこのレンズを使ってみたところ、望遠とゆー画角が楽しかったんです。また、レンズ性能も素晴らしいです。

というわけで、たくさんの写真とともに、画角の違いをお見せしながら、僕の「イヤッホーイ!」ってゆー気持ちをまとめます。

 

■XF55-200mm購入の経緯はこちら
▶︎新しい写真表現にチャレンジ!フジノンレンズ XF55-200mmを買いました!
▶︎「XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS」を買った理由

 

 
スポンサーリンク

 

普通にズームレンズをお使いの方は「なんでそんなにテンション高いの?」と思われるでしょう。

僕は写真テクニック向上のため、ずっと単焦点レンズ(ズームしないレンズ)を使ってきました。しかも、35mm換算で50mm以下の画角だけを使ってきたわけですから、望遠で撮れること自体が楽しかったわけです。新鮮だから。

50mm以下ですと、どうしたって遠くのモノを(近くにあるように)撮ることはできませんからね。

ですから、「あんなところまで見えるんだスゲー」や「望遠だとこんなふうに見えるんだ」など、そんなことに一喜一憂。

以降、文中の「○○mm」は「レンズの焦点距離」です。35mm換算ではありません。

ワイド側55mm〜テレ側200mmのヨウス

同じ場所から撮ってみた

まず青木湖近くで撮ってみた。こちらは55mm。

 

DSCF3279

 

同じ場所で200mm。

DSCF3280

 

遠くと近くが平面的な感じがしませんか?

これが望遠レンズの効果のひとつ、圧縮効果です。例えば、遠くの山を撮った場合、ダイナミックさを際立たせられる効果があります。

白馬の山をひたすら撮ってみた

白馬の山を撮ってみました。

<55mm>
DSCF3307

 

<86mm>
DSCF3328

 

<110mm>
DSCF3323

 

<200mm>
遠くのリフトが写ってる〜
DSCF3308

 

DSCF3334

 

全て手持ち撮影。三脚を使って絞りを絞れば、もう少しキリっとした感じに撮れたかもです。

ボケのヨウス

ボケもイイですよ。

もともと望遠レンズはボケやすいです。なぜなら、焦点距離が長くなれば長くなるほど、ボケが出やすいという原理があるから。

 

<200mm>
DSCF3312

 

XF35mmF1.4のとろけるようなボケに比べると、雑なボケであることは否めません。

 

<200mm>
DSCF3315

 

また、XF55-200mmの撮影距離(被写体にピントが合う距離)は1.1m〜なので、まったく寄れません。けど、テレ側にして撮れば「寄ったかのように」見えますね。

 

<55mm>
DSCF3333

 

キレキレ具合のヨウス

レンズ性能も素晴らしいです。ヌケやキレがあります。

 

<55mm>
DSCF3363

 

僕のレンズは中古ですが、しっかり写るし、このキレキレ具合はスゲーのではないでしょうか。僕は好きです。写真見たとき「マジか!」とビビりました。

 

<99mm>
DSCF3370

 

ちなみに、夜の写真はWBを「蛍光灯」にして、フィルムシミュレーションを「ベルビア」にするとこんなふうに撮れます。

 

<55mm>
DSCF3372

 

おわりに

XF55-200mmを買った経緯に書いたように、表現の幅が広げられて「イヤッホーイ!」でした!

とはいえ、僕は長いこと望遠ズームは使ってきませんでしたから、ズームレンズ初心者のようなもんです。ズームレンズの使い方はまだ勉強が必要かなって感じています。

その点、単焦点だと割り切れるし、慣れもあってどうとでもできるんですが、55〜200mmはどう使ってやろうかと楽しいことで頭を悩ませています(笑)

 

Profile

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「自分の好きに生きる!」と思い切って大好きな信州に移住したフォトグラファー。僕の写真は、その人/その場の空気感をすくい撮っているのが特徴です。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を深めていきます。

どんな写真を撮るのだろう?どんな人なんだろう?と興味をもっくれたならば、「CONTACT」からお気軽にご連絡を!待ってます!