『「在る」を見る』と気が楽になるよ

5月/6月のフォトセッション受付中!

松本と横浜を中心とした地域で撮影します。あなたのお気に入りの場所で、あなたが自然に振舞っているような雰囲気で、あなたのステキを撮らせてくださいな。

 

僕はときどき「な〜んか、つまんないな〜」ってイヤな感覚に襲われて、もやもやすることがあります。そういうときは、新しいことを始めるといいよって以前記事を書きましたが、それでもなってしまうんです。

 

[ss class=”alignleft” ext=0 width=”160″ url=”http://nnamm.com/?p=271″ title=”人生を楽しむために必要なスパイスは「知らないこと」や「新しいこと」だね | 信州 Snap::Life”]

 

ところが、この方法以外にも試してみたら「けっこう気持ちが楽になった」ことがありました。新しいことを始めようとしても「気分が乗らないよ」ってときの対処法として参考にしてみてください。

 

 
スポンサーリンク

もやもやする原因

そもそも、なぜもやもやしてしまうのか?

こういうときってね、たいてい他者比較に陥っていることが多いです。以下の記事で「自分軸」のことを伝えていますが、僕はまだブレやすいです。だから、こういうことが起こります。

 

[ss class=”alignleft” ext=0 width=”160″ url=”http://nnamm.com/?p=255″ title=”「好きなこと」だけして生きていく。を読んで閃いた、どんだけ「自分軸」でいるかの計り方はこれ! | 信州 Snap::Life”]

 

ですから、日々生きていて自分が「これだ!」と経験したことや気付いたことを、カテゴリ「メッセージ」や「発見」としてまとめています。

【余談】カテゴリ「メッセージ」、「発見」について

実はね、このカテゴリの1番の想定読者は僕です。この先、また不安に陥ることもあるでしょうから、そんな自分に向けて書いています。

自分が成長した!という気付きは、結局は自分のため。ですから、本ブログでのこの手の話は、究極的に想定読者は(未来の)自分なんです。

でも、こうやって気付きをシェアすることで、同じように悩んだり、止まってしまっている方にも響いてくれるはず、と願っています。

R4000979

「在る」にフォーカスしよう

では、もやもやしてしまったときにどうすれば良いか。僕のコタエはこれです。

「在る」を見る。

そうするとね、僕が感じていた「ぐぬぬ」が軽減することに気付きました。(詳しくは写真の下から書いてます)

もやもやしているときって、たいてい「ない」を見てるんですよね。つまり、「自分になくて、他人にある」ということにフォーカスしてしまっているんです。だから、負の感情が芽生えてしまう。

R1002368

そーゆーときは、「(それでも今の自分に)在る」にフォーカスすると良いです。

「不足」にフォーカスして「ない」を見つめるのではなく、「充足」にフォーカスして「在る」を見つけるんです。実際に見つかるものですから。

例えば僕の場合、

  • いつでも好きな場所に行ける自由な時間がある
  • 大好きだと言えるやりたいことがある
  • 大好きだと言える場所がある
  • 友達や仲間がいる
  • 認め、支えてくれる家族がいる
  • サラリーマンをやめて今は収入が途絶えてるけど生きている

こうすると「あれ、まんざらでもなくね?」って気付きから始まり、少しずつ「ぐぬぬ」が軽減されていく感覚に包まれていきました。

完全に解消するには、僕はまだ心のお稽古が足りないのですが、『「在る」を見る』だけでもたいぶ気持ちは楽になりましたよ。

これは僕的名著の「神さまとのおしゃべり」の中で出てくるワークそのものなんです。神さまの教え13の「99%幸せに囲まれて、なぜ1%の不幸を探す」です。やってみるとその効果にビックリしました。

ちなみに、僕がブレる理由はなんとなくつかめているんですよね。ここでは明言しませんが、それはゆくゆくは解決できることなんです。だから、今は進むっきゃないんです。

R1002370

おわりに

上記に挙げた「在る」は千差万別です。1000人いれば1000通りの「在る」があります。

「今が不満なのに、そんな今から在るなんぞ見つけられるかい!」

と仰る方もいるかもしれませんが、それでも充足側から見つけるんですよ。

この「在る」ってーのは、別の言い方をすれば、「日常」や「あたり前のこと」とも言えます。だから、あたり前ってすごく大切なことなんだと僕は思ってます。

だって、大怪我したり病気にかかると、今までの普通の生活が困難になることがありますよね。これまでのあたり前が、しばらくの間はあたり前じゃなくなる。僕の経験上、これはシンドイですよ。でも、今日もあたり前に生きられている、今日もあたり前にごはん食べられている、今日もあたり前に家族がいる。

って考えると、ほら、凄いことじゃんね!

R1002369

僕がこう考えられるようになった本

【空気感フォトグラファーからのお知らせ】

(1)5月/6月の撮影依頼受付中!

松本と横浜を中心とした地域でプロフィール/ポートレイト撮影します。

あなたのお気に入りの場所で、あなたが自然に振舞っているような雰囲気を僕が引き出します。あなたのステキを撮らせてください。

(2)あなたのステキをそっとすくい撮ります!

WebやSNSに顔写真を公開するのがなんだか恥ずかしい。けれどエイっと勇気を出して公開したい!今の自分を見せたい!あるいは実は撮られたかったんです。という方々、そのサポートを僕にやらせてくださいな。

僕なら、あなたが気がつかないときに、あなたのステキをそっとすくい撮ります。だから大丈夫。

詳しくはこちらからどうぞ!

Profile

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!