日本語入力が楽になる「親指シフト」はいかがですか?

僕はMacで親指シフトを使っています。

以前、あるセミナで親指シフトを使っていることを伝えたら「勝間塾の方ですか?」と聞かれたことがありますが、勝間さんとは違うルートで親指シフトに興味を持ち、ちょっとしたきっかけもあって始めました。

今回はその親指シフトについて語ります。

 

 
スポンサーリンク

親指シフトとは?

通常、日本語を入力するには「ローマ字入力」と「かな文字入力」があり、前者を使っている方が多いと思います。親指シフトはこんなキーボード配列のことをいいます。古くからある仕様のようで独特です。

 

 

特徴をいえば、

  • 入力するのに最適な配置になっている(詳しくはNICOLA派宣言を参照ください)
  • 1つのキーに2〜3つの仮名文字が割り振られている
  • 単一で打鍵するとキー下段の文字が、シフトキーと「同時」に押下するとキー上段の文字が入力される
  • 濁点/半濁点もシフトキーと「同時」に押下することでOK

つまり、「あらゆる仮名文字が1打鍵で入力できる」わけです。それが「楽」なんです。

1打鍵というのは1本の指で押下するものもあれば、親指と同時に押下するのも含みます。親指でシフトキー操作を行うので「親指シフト」と呼ばれているんでしょう。

PCでモノ書きしている人にはオススメです。

Macでの設定方法

本来、親指シフトで入力するためには専用のキーボードが必要です。でも、Macではカンタンに使えるようになります。キーボードエミュレータ「Karabiner」でサクッとね。

起動後、検索キーワードのところに「oya」と入力すれば、設定項目にありつけます。なお、この設定方法はSJIS配列キーボードを前提としたお話です。英字配列キーボードでも可能なようですが、僕は詳しくないです。現状ではSJISがベストです。

 

 

僕は「<ローマ字入力モード>左シフト=スペース、右シフト=かな」にしています。

実はもっと便利な設定があって、それは「orzレイアウトで「親指シフト」を快適に使おう」でご紹介してます。

最初はすげぇしんどい

僕は2012年6月から親指シフトを始めました。最初は「想像を絶する入力のしにくさったらないね!」とイライラしたものです。Tweet打つのに10分かかってたころが懐かしい。

そもそも僕は最初、ブラインドタッチができない人でしたので、余計に苦労しました。でも、練習のかいあって今ではキーボード上段の数字キーも含めて、ほぼブラインドタッチできるようになりました。指が場所を覚えたんです。

R1003107

すげぇ楽!

指がキーの場所を覚えればあとは親指シフトで入力していくだけです。ひたすらやるだけです。実は僕は練習方法を誤ってしまい、今でも入力ミスします。でもね、入力が「すげぇ楽!」と感じていますよ。

よく親指シフトは、その入力速度を比較されることがあります。そりゃ「あらゆる仮名文字が1打鍵で入力できる」わけですから速度比較されるってもんでしょう。こちらを見るに、実際に速いです。

ただ、親指シフトの神髄は「楽」であることです。ローマ字入力やかな文字入力と比べ、単純に「入力する手間」が激減しますから。

例えば「はなむりゃだがじ」を入力するとしましょう。

 

ローマ字:H A N A M U R Y A D A G A Z I (15打鍵)
かな文字:は な む り ゃ た 濁点 か 濁点 し 濁点 (11打鍵)
親指シフト:は な む り ゃ だ が じ (8打鍵)

 

このとおり打鍵数が少ないでしょ?だから「すげぇ楽!」なんです。打鍵数が少ないということは、それだけ肉体への負担も減るわけですから。

おわりに

親指シフトはオススメではありますが、現状でローマ字入力に満足している方はそのままで良いと思います。僕は親指シフトのことを以前から知っていて、「なんか新しいこと始めたいな」という想いがあって、たまたま始めただけですからね。

結果「楽!」っことを身をもって体験できたので、これからも親指シフトを使っていきます。

R1003116

親指シフト入力に使っているキーボードと関連商品

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。
僕のできることで「あなた」を世界に伝えるメッセンジャーとして活動中。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で