orzレイアウトで「親指シフト」を快適に使おう

R4000005

前回の記事▼で親指シフトを紹介しました。今回はその続きとして、親指シフトを快適に利用するための「orzレイアウト」を語ります。

■親指シフトについてはこちら
日本語入力が楽になる「親指シフト」はいかがですか?

[adSensecode]

現状のキーボードでは親指シフトしにくい

親指シフトに限らず、キーボードで入力するときは、ホームポジションが重要になります。「F」キーと「J」キーにはちょっとしたポッチがありますよね?ここに左右の人差し指を置くもんなんです。

ところが、キーボードエミュレータ「Karabiner」で、親指シフトを使えるようにして「さぁやるぞ!」と思ったところで、「微妙に手の位置が不自然」と大多数の方が感じるはず。

右手の親指が掌側に位置してしまい、右手全体が若干傾きます。自然体で入力できないような角度です。やっていただければハイ納得の角度なんです。これ意外とヤです。Mac純正のSJISキーボードや他社製のSJISキーボードでほぼそうなると思います。

orzレイアウト登場!右ズラシが素晴らしい

んじゃ、その変な傾きなんて我慢せず、入力しやすくしたら良いのではないか!?と考えた方が現れました。

ブログ「ものくろぼっくす」を運営されてる大東さんこと「ものくろさん」です。ものくろさんが、素晴らしいキーボード定義ファイルを作ってくれました。一言で言うならば「キーボードの”6″、”y”、”h”、”n”を右にずらす」定義ファイル。

Karabinerへの適用方法など詳しくは以下を参照してください。

■詳しい適用方法
【親指シフト】Orzレイアウト インストールと設定手順

これね、すっごくイイですよ。右手の傾きがなくなり、自然体で入力できるようになります。Facebookの親指シフトグループ内でも大絶賛でした。

2015年5月現在の設定

僕は以下のようにしています。

こちらは右ズラシ対策です。

Commandキーに関係したショートカットも右ズラシ対策します。以前、Facebook上で「cmd+,」の要望を出したことがあるのですが、速攻で対応してくれたのはありがたかったです。

MacはControlキーと併用することで様々なことができます。こちらも右ズラシ。

ここで秀逸なのはEmacsですね。僕はEmacsを使ったことはありませんが、「Control+H」と「Control+D」はホームポジションから最小の動作で文字削除が出来るので大変便利。Control+Mの改行も便利です。

忘れちゃならないのが、Functionキーの設定です。カタカナ変換などに利用していますので右ズラシします。

外付キーボードだって右ズラシ

実際、右にズラしたことで劇的に入力しやすくなりました。

となると、実際のキーボードと入力される文字とに差異が生まれます。もし外付キーボードを使っているのであれば、こんな手があります。僕が使っている外付キーボード「HHKB Lite2 for Mac」を例に・・・

R4000842

こんな風に取っぱらい!

R4000843

「”6″、”y”、”h”、”n”」より右側を取っ払いきる!

R4000846

そして、右半分を置き換えました。キーボードの中心に注目ですよ!

R4000847

こうすることでorzレイアウトと外付けキーボードの差異がなくなりました。

おわりに

現在の僕のメインマシン、MacBookPro Retinaに限らず備え付けのキーボードの場合は、キートップを外すことできないので(できるかもだけど、したくないし)、orzレイアウトとキーボードのズレは慣れるしかありません。

でもね、実際に慣れます。親指シフトの練習を続けていけば、指や身体がキーの場所を覚えるようになりますから問題ありません。

ただし、キーボードを目で見てから押そうとすると間違えることが多々あります。したがって、キーボードは絶対に見ないことが親指シフト上達の近道です。

一先ず、親指シフトに興味を持たれた方は、始めからorzレイアウト導入をオススメします!

僕が使っている外付キーボードのご紹介

★いずれ手にしたいキーボード。キータッチが最高なんです。★

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「サービスメニュー」へ。ご依頼は「お問い合わせフォーム」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします