「存在給」や「ここにいるだけで価値がある」っていうのは、つまりは、こういうこと

以前、僕が読んだ本の「一生お金に困らない生き方」や「嫌われる勇気」にはこんなことが書かれています。

 

この自分にどれだけの価値があるのか、ではなく、「あると思っているのか」が、自分が認める「自分の価値」。

そしてその価値を具体的にあらわすパロメーターが「存在給」というわけです。つまり何もできていない、誰の役にも立たない、何もない自分の価値が「存在価値」です。

そして、役に立たない、ごくつぶし、迷惑ばかりかけているこの自分がもらっていい収入が「存在給」です。

〜「一生お金に困らない生き方」より〜

 

ここにいるだけで、価値がある

〜「嫌われる勇気」より〜

 

これって読んだだけではイマイチ分かりにくい概念ですよね。腑に落ちにくい。でも「存在給ってこういうことじゃまいか?」、「居るだけで価値があるってこういうことじゃまいか?」ということを垣間見れる出来事があったんです。

今回は観念的なお話で抽象的な内容です。主に同じ本を読んだ方に向けて、自分の感じたことを綴ります。

 

 
スポンサーリンク

 

今回の題材

 

祖母の写真

急遽(母方の)祖母の写真が必要になりました。

ところが、過去そんなに写真を撮った記憶がない祖母。自宅にあるアルバムを捜索することに。そしたらね、懐かしい思い出とともにたくさんの写真が見つかりました。

ばーちゃんめっちゃ若ぇ!
笑顔がステキ!
それから、父も母も若ぇ!
あら〜ふたりとも若い時はこんなだったんかい!

というふうに、いい意味でびっくりしました(笑)

 

昔の写真を見ていて感じたことがあるんです。それはね・・・

 

R1003009

 

居るだけで笑顔があふれていた

僕が生まれたての0歳児だった頃の写真。

僕を抱っこする父や母、そして祖母。みんながみんなね、笑顔なんですよ。もちろん、もう片方の祖父母や叔母までみーんな笑顔。すげー幸せそうなんです。

何が言いたいかというと、生まれたての僕は何もできない存在でした。でもね、周りにいる人々を笑顔にしていたわけ。何もできないけど、「居るだけで笑顔にしていた」というコトを起こしていたわけです。

だからね、

  • 何もしなくても価値がある、という存在給
  • いるだけで価値がある、という「行為」ではなく「存在」のレベルで見る

ということは、つまり「そういうこと」なんじゃないか?と思ったわけです。居てくれるから生まれるナニカという感じ。

もちろん、いろんな家族事情がある、という現実はあります。幼少期も今も「笑顔?そんなもんないよ!」という方もいらっしゃるかもしれない。でも、少なくともうち(僕が解釈した過去)は「幸」だったと信じてる。

 

R1003013

 

今の自分でも「在る」んですよ

今回は僕のお子様時代を例にとりましたが、「今のあなた」でも「そういうこと」はあるはずです。

だって、お食事会でもカラオケ会でも、あなたがいるから、あなたもあなた以外も笑顔になっているシーンがひとつはあるはず。だから、今の自分でも存在給は「在る」んじゃないかな。

こんなことを感じたわけです。

存在給ってなんだ?と感じている方は、そのような出来事を思い出すと、何かつかめるのではないでしょうか。

 

R1003015

 

おわりに

初めに書いた通り、今回の話は観念的なことです。

でも、僕の中ではなんとなく「存在給」ということがつかめた瞬間でした。本を読んで内容だけ頭には入ってはいたけど、ようやく実感が伴いました。

 

R1003011

 

ばーちゃんへ

急遽写真が必要になったということで、以前から覚悟はしていたけど、ビックリだったよ。でも、一連の作業でこんな気づきがありました。これって、ばーちゃんからのプレゼントなのかなぁ。

ばーちゃん、安らかにお眠りください。今までありがとうね!

 

R1003012

 

と、昔の写真を探すことで、良い気づきに出会えた、梅雨のある日のお話でした。

今回の題材はこちらでした

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。
僕のできることで「あなた」を世界に伝えるメッセンジャーとして活動中。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で