【祝・人生初!】お仕事としてプロフィール写真を撮影させていただきました!

5月/6月のフォトセッション受付中!

松本と横浜を中心とした地域で撮影します。あなたのお気に入りの場所で、あなたが自然に振舞っているような雰囲気で、あなたのステキを撮らせてくださいな。

 

DSCF4240

2015年7月某日、友達のプロフィール写真を撮影しました。お仕事としては人生初ですイェイ!

僕は昨年、ブログ「KOHEYINFO」のコーヘイくんのプロフィール写真を撮影しました。その写真を気に入ってくれた友達が依頼をしてくださったのです!

参考:当時、コーヘイくんも嬉しいエントリーを書いてくれました。
[ss class=”alignleft” rel=”nofollow” width=”160″ url=”http://ko-hey3809.com/lifehack/profile_snap_by_nnamm” title=”なむさんありがとう!プロフィール用の写真を撮っていただきました!! | KOHEYINFO”]

 
スポンサーリンク

※本エントリーに掲載している写真は、仕事のアザーカットです。ご本人の許可を得て公開しています。

仕事の流れ

お友達は植田裕志さん。ブログ「No Second Life」の立花岳志さんが主催する(現)「ツナゲル ライフ インテグレーション講座」で知り合った仲間です。彼が求めていた写真は、情報発信者としてのビジネススタイルの顔。Facebookのプロフィールとカバーに使うとのことでした。

友達同士ということで、気楽にお仕事させていただきました。とはいえ、なにぶん初めての撮影の仕事。プロのイロハなんぞ知りません。そんな僕でしたから、まずは友達が求めるイメージをお聞きして、「こうしようか!」や「こんなのいかがですか?」などガッツリ意識合わせしました。その後は撮影場所を提案。撮影して納品。納品した写真は、Facebook推奨サイズとオリジナルサイズ両方です。

ざっくりまとめるとこんな感じ。基本は以前エントリーしたように、お互いに作り上げることを意識しました。

DSCF4233

初仕事はやはり不安、でも克服したよ

人物撮影は初めてですからやはり不安でした。ですから、事前にロケハンしたり(これは基本だけど)、某カメラ屋の店長に相談したり、ある御大からいただいた非売品のスペシャル冊子に目を通して勇気をもらったり、今の自分が思いつく限りのことは何でもやりました。

その甲斐あって、不安を自分のコントロール下において本番に臨めましたね。

DSCF4229

さて、この不安。やっかいですよね。でも良く考えてみてください。不安ってなんで生まれるのかってことを。

今回でいえば、これまで僕はほとんど人を撮ってきませんでした。やったことがないから不安だったわけ。そりゃあたり前だよね。だから有識者に相談しました。ネットや本も読みまくり。また、僕の仲間にはその手のプロが何人もいます。その方達と自分とを比較して「ない」を見ていたんですよ。この他者比較はやるだけ無駄です。非生産的で意味がありません。

だったら、「今の自分ができるMaxのことをやろう!」という覚悟を決めたんです。そしたら不思議と不安は引っ込んでいきました。

植田さんは今の僕を信じて依頼してくれたわけです(と思ってる)。であれば、今の僕ができる精一杯をやって、植田さんを喜ばせよう(※)って決めたんです。そもそも、今の自分以上のことはできっこないですし。あ、これは後ろ向きに言っているつもりはなくて、そういうもんだって達観のイメージ。決して上を目指さないと言っているわけではありませんよ。

※僕はエニアグラムでいうとタイプ2「助ける人」です。そう、愛の人!だから、人を喜ばせることが好きなんです。

DSCF4310

仕事のすべてが楽しかった

嘘偽りなく書きますが、ロケハンから本番、納品と領収書作り、それから+α(内容は秘密なのだ)など、そのすべてが楽しかったんです。また、本気でやっていたと思う。そりゃお金をいただくわけですから。

参考:本気(マジ)については、夢見るリアリスト jMatsuzaki氏もこう言っています。
[ss class=”alignleft” rel=”nofollow” width=”160″ url=”http://jmatsuzaki.com/archives/15497″ title=”好きなことで収入を得ない限り、それに専念することはできない | jMatsuzaki”]

まさにその通りだなと、この仕事を通して感じました。「収入を得る」ということは、本気になるために必要なトリガーです。

それから、事前準備から何までまったく苦もなく進められたんですよ。そう思えるってことはきっと、写真は僕にとって大切なモノなんでしょうね。だから、これからも写真を自分の柱(のひとつ)として活かしていくのです。

DSCF4326

おわりに

今回の仕事を通して思ったのは、テクニックを駆使して誰もがスゲェと感じる写真を撮ることは確かに大切だと思います。でも、クライアントが喜ぶ写真を撮ることの方がもっと大切なんだろうなってこと。そこに技術力や信用力はたくさんあった方がいいですけどね。それでお互いが楽しくやれたら Happy だわな。

植田さん、ご依頼ありがとうございました!

※こんな感じで、実績はまだまだこれからですが、全力で写真をやっていく僕に撮影依頼したいという方はこちらまでご連絡くださいませ〜 → Contact list
2015年7月現在、東京近郊と信州松本あたりの方でしたら対応いたします!なお、僕が普段どんな写真を撮っているかは Flickr をご覧になるとイメージがつかめます。

【空気感フォトグラファーからのお知らせ】

(1)5月/6月の撮影依頼受付中!

松本と横浜を中心とした地域でプロフィール/ポートレイト撮影します。

あなたのお気に入りの場所で、あなたが自然に振舞っているような雰囲気を僕が引き出します。あなたのステキを撮らせてください。

(2)あなたのステキをそっとすくい撮ります!

WebやSNSに顔写真を公開するのがなんだか恥ずかしい。けれどエイっと勇気を出して公開したい!今の自分を見せたい!あるいは実は撮られたかったんです。という方々、そのサポートを僕にやらせてくださいな。

僕なら、あなたが気がつかないときに、あなたのステキをそっとすくい撮ります。だから大丈夫。

詳しくはこちらからどうぞ!

Profile

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!