DSCF4240

 

2015年7月某日、友達のプロフィール写真を撮影しました。お仕事としては人生初ですイェイ!

僕は昨年、ブログ「こーへいんふぉ」のコーヘイくんのプロフィール写真を撮影しました。その写真を気に入ってくれた友達が依頼をしてくださったのです!

当時、コーヘイくんも嬉しいエントリーを書いてくれました。
▶︎参考:なむさんありがとう!プロフィール用の写真を撮っていただきました!!

 

[adSensecode]

 

※本記事に掲載している写真は仕事のアザーカットです。ご本人の許可を得て公開しています。

仕事の流れ

お友達は植田裕志さん。ブログ「No Second Life」の立花岳志さんが主催する(現)「ツナゲル ライフ インテグレーション講座」で知り合った仲間です。

彼が求めていた写真は情報発信者としてのビジネススタイルの顔。Facebookのプロフィールとカバーに使うとのことでした。

友達同士ということで、気楽にお仕事させていただきました。とはいえ、なにぶん初めての撮影の仕事なので最初から気合が入ります。

まずは求めるイメージをお聞きして、「こうしようか!」や「こんなのいかがですか?」などガッツリ意識合わせしました。その後は撮影場所を提案。撮影して納品。納品した写真は、Facebook推奨サイズとオリジナルサイズ両方です。

お互いに作り上げることを意識しました。

 

DSCF4233

 

初仕事はやはり不安、でも克服したよ

人物撮影は初めてですからやはり不安でした。ですから、事前にロケハンしたり、某カメラ屋の店長に相談したり、ある御大からいただいた非売品のスペシャル冊子に目を通して勇気をもらったり、今の自分が思いつく限りのことは何でもやりました。

その甲斐あって、不安を自分のコントロール下において本番に臨めましたね。

 

DSCF4229

 

さて、この不安。やっかいですよね。でも良く考えてみてください。不安ってなんで生まれるのかってことを。

今回でいえば、これまで僕はほとんど人を撮ってきませんでした。やったことがないから不安だったわけ。そりゃあたり前だよね。

だから有識者に相談しました。ネットや本も読みまくり。また、僕の仲間にはその手のプロが何人もいます。その方達と自分とを比較して「ない」を見ていたんですよ。この他者比較はやるだけ無駄です。非生産的で意味がありません。

だったら、「今の自分ができるMaxのことをやろう!」という覚悟を決めたんです。そしたら不思議と不安は引っ込んでいきました。

植田さんは今の僕を信じて依頼してくれたわけです。であれば、今の僕ができる精一杯をやって、植田さんを喜ばせようって決めたんです。

そもそも、今の自分以上のことはできっこないですし。これは後ろ向きに言っているつもりはなくて、そういうもんだって達観のイメージ。決して上を目指さないと言っているわけではありません。

 

DSCF4310

 

仕事のすべてが楽しかった

嘘偽りなく書きますが、ロケハンから本番、納品と領収書作り、それから+α(内容は秘密なのだ)など、そのすべてが楽しかったんです。また、本気でやっていたと思う。そりゃお金をいただくわけですから。

本気(マジ)については、夢見るリアリスト jMatsuzaki氏もこう言っています。
▶︎参考:好きなことで収入を得ない限り、それに専念することはできない | jMatsuzaki

 

まさにその通りだと今回の仕事を通して感じました。「収入を得る」ということは、本気になるために必要なトリガーです。

それから、事前準備から何までまったく苦もなく進められたんですよ。そう思えるってことはきっと、写真は僕にとって大切なモノなんでしょうね。

だから、これからも写真を自分の柱(のひとつ)として活かしていくのです。

 

DSCF4326

 

おわりに

今回の仕事を通して思ったのは、テクニックを駆使して誰もがスゲェと感じる写真を撮ることは確かに大切だと思います。

でも、クライアントが喜ぶ写真を撮ることの方がもっと大切なんだろうなってこと。そこに技術力や信用力はたくさんあった方がいいですけどね。それでお互いが楽しくやれたら Happy ということ。

植田さん、ご依頼ありがとうございました!

写真のオシゴトやってます

Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。基本的にマンツーマンのセッション。

Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

空気感フォトグラファーとして写真が生業の元ソフトウェアエンジニア。「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「依頼フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします