悩んでいるときには「広いところ」に行こう 【京都、本願寺に行ってきた】

DSCF3924

2015年6月14〜16日の2泊3日ほど、ふらっと京都に行ってきました。幸いにも梅雨の影響はほとんど受けず、楽しい旅になりました。

目的のひとつは本願寺(西と東)に行くことで、タイトルと本願寺がどう結びつくのか。今回はそこんとこをまとめます。

 

 
スポンサーリンク

 

※1〜3枚目は東本願寺、4〜7枚目は西本願寺の写真

「広いところ」に行く?

これまでの価値観を真逆にしてくれた良著、さとうみつろうさんの「神さまとのおしゃべり」を読んでいたときのことです。

主人公が丘の上から眼下の街を見下ろすシーンがあって、いろいろと悟るわけです。カンタンにいうと「自分を俯瞰して見ることで分かることがある」みたいなことが書かれています。

ここを読んだときに直感しました。「よっしゃ!広いところ行ってみるか!」と。

なぜか?

そうすることで、自分がちっぽけだってことが分かるからです。

その「広い」は何でもよくて、自分が「そこ」だと感じられるところでいい。例えば山の頂でもいいし、海の中だっていい。超大型のコンサートホールでもいい。

ポイントは自分にとって広いと思えるところね。

僕の場合、信州が好きな理由のひとつに「自然がデッカイ」があります。そのデカさを目の当たりにできるから好きなわけ。

それだったら、北海道でも良ーじゃん!と突っ込まれそうですが、あくまで信州が好きな理由のひとつなんで、そっとしておいてくださいw

DSCF3926

なんで本願寺なの?

昔、たまたま東本願寺に行きました。新幹線の出発時間まで少し余裕があったので、京都駅に近い東本願寺をたまたま選んだだけ。

そこには「御影堂」という親鸞聖人の御真影を安置しているやたらと広い建物があります。とにかく広いです。なんでも畳が約1000枚くらいだとか、高さは30m以上だとか。

そこでボーッとしてたら、当時悩んでいたことがクリアになったことがあるのです。

例えば「あ〜、もう帰るのか、仕事いやだな」といった悩みから、ブログには書けないような悩みに対して、「あーしよう」、「こーしよう」というふうに整理がついたことがあるんですね。頭がクリアになったのです。

だから、いろいろと悩みながらも進もうとしている今の自分を再びクリアにしてやろうと、本願寺に行ったってスンポーです。もともと僕は京都が好きですから一石二鳥です。

DSCF3929

なんでクリアになるのか?

御影堂のように広い空間/静寂(生活音はある)/神聖という雰囲気が、僕の思考を深めてくれたんではないかと思います。これは上手く説明できません。僕のフィーリングです。

悩んでいるときは、自分の視野って思った以上に狭くなっているものです。「見るべきもの」が見えませんし、「見えるもの」まで見えなくなりがちです。

そういうときにね、広いところに身を置くと、自分が如何にちっぽけな存在かということが感じられます。ちっぽけであることが悪いと言いたいわけではなく、そう感じられることで自分を俯瞰できるんです。

すると、そんなちっぽけな自分の悩みなんて「案外、大したことないよね」と感じられるようになります。視野が広くなってたくさんの考えが湧いてくるから。

もちろん、そのときどきの精神状態によって、感じ方は千差万別ですけどね。でも、僕は俯瞰できると思ってる。

DSCF4038

本願寺に行ってみてどうだった?

クリアにはなりましたが、昔ほどの強烈な感動はなかった、が正直なところ。なんだか昔と今とでは、本願寺に居たときの感覚が違ったんです。

なぜだろう?

こういっちゃなんですが、(信州移住を決意してサラリーマンをやめちゃった)僕は昔と比べて大分成長したと思ってます。本質が出てきた感じかな。

つまりね、昔に比べて「どうしたら良いか分からないよ」という、訳の分からないモヤモヤの中に居たステージから脱出できたと思うわけ。思考の深み、質が違ってました。

DSCF4056

結局、今はどうすればイイかはきっと分かってるんです。答えは自分の中に在るもんだから。

だから、昔からの違いを感じられたってだけでも、本願寺に行ったことは僕にとっては良かったこと。それにあっちの友達と呑んだり語ったり、サイクリングしたり、お写ん歩したりと楽しんできましたし。

DSCF4053

おわりに

京都、本願寺に居ると不思議と思考がまとまるって話でした。

今回は僕の体験から「悩んだときには広いところに行くべし!」論を展開しましたが、広いところでなくても良いですよ。

極論、あなたが今の自分を俯瞰できればいーんだから。旅行でも良いし、ちょっと遠くにお出かけするでも良い。新しい趣味を始めるでもいいと思います。

大切なのは、ちょっと自分を俯瞰して見ること。そう意識することがイーンじゃないかな。

DSCF4042

本願寺情報

西本願寺

[ss class=”alignleft” rel=”nofollow” width=”160″ url=”http://www.hongwanji.or.jp/” title=”本願寺(西本願寺)-親鸞聖人を宗祖とする浄土真宗本願寺派の本山”]

開門/閉門時間:5:30 〜 18:00(5〜8月)
※季節により変動、詳しくは公式サイトへ

東本願寺

[ss class=”alignleft” rel=”nofollow” width=”160″ url=”http://www.higashihonganji.or.jp/” title=”東本願寺”]

開門/閉門時間:5:50 〜 17:30(3〜10月)/6:20 〜 16:30(11〜2月)
※季節により変動、詳しくは公式サイトへ

読み手を選びますが、ハマれば価値観が大逆転する本

親鸞さんの浄土真宗は現代でも響く内容なので、いつか読みたい本リスト

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

BlogやSNSに顔写真を公開するのはなんだか恥ずかしい。けれど、

  • 勇気を出して公開したい!
  • 今の自分を見てもらいたい!
  • 実は誰かに撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの応援を僕にやらせてください。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本市、下旬は横浜市にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、その他の場所にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたいな。

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

Profile

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!