自分にピッタリなカメラ/レンズを選ぶ方法 〜沼に落ちない心構え〜

R0011287

あなたはしっかりと考えてカメラやレンズを買っていますか?物欲に任せていませんか?

カメラやレンズってたくさんあってどれを選んでいいか、どうやって選んでいいかって分かりにくいですよね。新しいレンズは出続けるし、これまでのレンズだってまだまだ売られている。どれを選べばいいのよー!?ってね。

というわけで、世の中の情報に踊らされず、今の自分に合わせてカメラやレンズをバージョンアップしていく心構えをまとめます。参考にしてみてください。

なお、このエントリーは、趣味カメラを始める方やアマの方に向けています。そして、「写真が上手くなりたい方」に向けています。

[adSensecode]

基本構成を決める

これから始めようとする方でしたら、レンズは以下を参考に選ぶと良いです。カメラは自分に合ったもの/興味のあるもの(で買えるもの)でOK!

  • 焦点距離は標準(50mm)前後のレンズ
  • できるだけ明るいレンズ(F値が小さい)
  • できるだけ寄れるレンズ(最短撮影距離が短い)
  • 単焦点レンズ(ズームしないレンズ)
  • 最初はレンズは1本だけ

この理由は、勝手ながら僕の写真のルーツである、ブログ「shiology」の塩澤さんのエントリーをご覧ください。
参考:1816-091030 絶対画角感: shiology
参考:3948-150219 女子学生からの一眼レフ購入相談〈写真はiPhone 6 Plus〉: shiology

僕もこれやってきたおかげで、人に「上手いね!」や「いいね!」と感じてもらえる写真が撮れるようになりました。また、自分が「こう表現したい」という写真も見えました。

なお、今デジイチやコンデジを持っている方はそれを使っても構いません。ズーム機能が付いているなら、画角を固定して使えばいいだけです。

R0011288

たくさん撮る

こうして選んだカメラでとにかく撮ることです。たくさん撮る。目標は10000枚。

そうすると、自分はどんな写真を撮りたいんだろう、ということが見えてきます。もっと広く撮りたいのか、近くのものを撮りたいのか。花弁を撮りたいのか、スポーツカーが撮りたいのか。レンズ1本で何でも撮れるのが良いのか等。

たくさん撮るといっても連射はダメです。1枚1枚丁寧に撮ることが大切。

そうやって自分の【〜〜したい】が分かったら、カメラ雑誌やWebを見まくればいいんです。カラーバス効果もあって、自分の希望に合った機材が目に入ってくると思うな。

もちろん、写真集などを見て「こんなの撮りたい!」という気持ちが明確であれば、その写真家さんの構成を真似てもいいです。その方が近道だから。また、ストイックに基本構成にこだわる必要もありませんから、ズームが使いたくなったらそうすればいい。何事も柔軟に、です。

ただ、自分が撮りたい写真があやふやでしたら、基本構成のまま撮ることをオススメします。

R0011292

【次のページ】僕の機材の流れ

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORKS」へ。ご依頼は「CONTACT」からどうぞ。

写真のオシゴト一覧

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします