【富士フイルム Xマウントレンズモニター2015夏】XF35mmユーザなら使いやすい「XF23mmF1.4」は『ちょっと広角まで撮れる』標準レンズ!

5月/6月のフォトセッション受付中!

松本と横浜を中心とした地域で撮影します。あなたのお気に入りの場所で、あなたが自然に振舞っているような雰囲気で、あなたのステキを撮らせてくださいな。

 

DSCF4757

レンズモニタに当選して「やっほい\(^o^)/」と浮かれていました。

[ss class=”alignleft” width=”160″ url=”http://nnamm.com/?p=350″ title=”【富士フイルム Xマウントレンズモニター2015夏】に当選しちゃったんですよ! | 信州 Snap::Life”]

[ss class=”alignleft” width=”160″ url=”http://nnamm.com/?p=360″ title=”【富士フイルム Xマウントレンズモニター2015夏】レンズが送られてきた!XF23mmF1.4三昧スタート! | 信州 Snap::Life”]

2015年8月末、モニタ期間も終了したので使ってみた感想をエントリーします。ひとことで言うと、「XF23mmF1.4」は使いやすい、でした。

※本エントリに掲載している写真は全てXF23mmF1.4で撮影したモノです。

 
スポンサーリンク

僕の撮影スタイル

僕は2012年ごろよりほとんど35mm換算50mm、いわゆる標準画角の単焦点レンズで写真を撮っています。主にスナップを楽しみつつ、風景や植物、人物、小物や料理などを撮ってます。

そんな僕は現在、FUJIFILM Xシリーズでは以下の機材を愛用してます。

メインはもちろん(35mm換算で約50mmになる)XF35mmですから、今回のエントリーはXF35mmとの比較になります。

DSCF4783

XF23mmは使いやすい

僕は長いこと50mmで撮ってきてますから、50mmは自分が好きな画角であり、自分が得意とする画角。

そんな僕でもXF23mmは大変使いやすいレンズでした。

明るさ(F値)や最短撮影距離(被写体にどんだけ近づいて撮れるか)などのスペックが、XF35mmと同等ですから違和感なく使えましたね。ピント面の解像度は凄いし、ボケ具合もい〜い感じ。「XF23mmだからこの設定で、こうやって使おう」ということに頭を悩ませることなく、慣れ親しんだXF35mmのように使ってました。

XF23mmは35mm換算で35mmという、いわゆる準広角ですから、XF35mmではやや手狭と感じるシーンで重宝します。 XF35mmが叩き出す描画が好きな僕としたら、「ちょっと広角まで撮れる標準レンズ」という感覚で使っていました。

DSCF4879

XF23mmとXF35mm、画角の違い

実は街角スナップではあまり、XF23mmとXF35mmの画角差は感じなかったんですよ。普通に使っている分には、意識することはなかったですね。

でも、テーブルフォトや景色を撮るときは差を感じました。

テーブルフォトの場合、XF35mmと比較して引かなくても撮れましたから。逆に言うと料理を目立たせる場合は、寄る必要があります。また風景の場合は、多少は広く撮れますから広大感が出せます。ほんの少しですけどね。

単焦点レンズは焦点距離が固定ですから、被写体との距離感は自分が動いて調整します。僕はそれに慣れていますので、(XF35mm並に)クローズアップして撮ることにこだわらなければ、XF23mmでもXF35mmでも「ぶっちゃけ、なんとでもなる」と思いました。

DSCF4872

XF23mmとXF35mm、メインにするならどっち?

どっちをメインにするかといえばXF35mmにします。もちろん好みや慣れということもあります。標準レンズのように使えるXF23mmは便利だなとも思います。

では何が勝敗を分けるかというと、僕にとっては「重さ」と「大きさ」ですね。

XF23mmはXF35mmに比べて130gぐらい重いです。この数字、意外とずっしり来ます。それにレンズフードまで着けると大きくなります。(個人的に花形フードがカッチョイーくないんですわ)

もともと小型軽量のX-T1ですが、撮るための道具はできるだけ小さく軽量であってほしいのよ。 軽ければ持ち運びしやすいし、小さければ自分にも人にも邪魔にならないでしょ?疲れにくいですし。

仮に仕事で必要になったら(連射や高速シャッター等)もっと大きくて重い一眼レフカメラを導入すると思いますが、僕は出来るだけ小型軽量のモノを選ぶでしょうね。

DSCF4853

先にXF35mmの小ささと軽さを知ってしまった者からしたら、ちょっと我侭な理由かな。XF23mmは描画も凄いし使いやすいですから、もう少し小さくなれば非常に悩む予感がひしひしと!50mmは好きだけど、スナップの王道レンズである35mmにも興味はありますから。

DSCF4852

おわりに

実はモニタ期間中、忙しくてあまり撮れなかったんですが、ちょっと使っただけでもXF23mmは使いやすくて好印象でした。程度の良い中古があったら迷ってしまいそうw

モニタに当選して良かったです。貴重な体験ができました。

そうそう、FUJIFILMのサービスに「機材のレンタルサービス」があります。当日中に返却すればなんと無料!もし興味がありましたら利用してみる良いですよ〜。詳細はこちら。
東京サービスステーション | 富士フイルム

条件は東京六本木に行ける人です。現地で借りて現地で返さねばならぬのですよ。信州移住後は気軽に利用できないのが残念です。

DSCF4859

★僕がモニタしたレンズはこれ!

★僕の好きなレンズはこれ!

★2015年8月現在発売されているFUJINONレンズの参考になるオススメ本。

★X photographerで尊敬している方の本。

【空気感フォトグラファーからのお知らせ】

(1)5月/6月の撮影依頼受付中!

松本と横浜を中心とした地域でプロフィール/ポートレイト撮影します。

あなたのお気に入りの場所で、あなたが自然に振舞っているような雰囲気を僕が引き出します。あなたのステキを撮らせてください。

(2)あなたのステキをそっとすくい撮ります!

WebやSNSに顔写真を公開するのがなんだか恥ずかしい。けれどエイっと勇気を出して公開したい!今の自分を見せたい!あるいは実は撮られたかったんです。という方々、そのサポートを僕にやらせてくださいな。

僕なら、あなたが気がつかないときに、あなたのステキをそっとすくい撮ります。だから大丈夫。

詳しくはこちらからどうぞ!

Profile

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!