移住先の住居を決めました!10月1日から横浜 → 松本市民!

GR000283

2015年8月下旬、移住先の住居を契約してきました!いよいよ、信州移住計画が本格的に動き出しましたよ。

 
スポンサーリンク

住処は南松本

最寄り駅は南松本駅。長野県の真ん中、中信地方にある松本駅。そこから1つ南に下ったところにあります。

物件は家賃を最優先しました。駅から徒歩30分強。築年数は20代後半。木造アパートの2階南向き。1DK。駐車場込み。(こちらは駐車場代無料が多い印象)

近くの道路の車通りはそこそこありますが、ちょっと歩くと小川が流れ、周辺は田んぼ。西を見れば北アルプスが、東を見ても山が見える。そんな長閑な場所。

そう長閑。僕にとってはこれが良いのです。

GR000288

南松本にした理由

物件巡りは3日間かけました。最終的に以下の3物件で悩みましたが、南松本に落ち着きました。

  • 南松本の物件(決めたところ)
  • 松本の物件(ほぼ塩尻なので、松本駅からは遠い、さらに最寄り駅までも遠い)
  • 塩尻の物件

では、南松本にした理由をちょいとまとめてみましょう。

1. 松本が近い

いちばん松本(の中心地)に出やすかったんです。

僕はもともと中信地方をベースに信州旅をしていたこともあり、住むなら松本と決めていました。松本は、「そこそこ街、でもちょっと行くと自然」の便利都市だからね。

信州は車生活ですが、僕は車に頼らず「車:徒歩&自転車=50:50」で生活していくことを目標にしています。なので、行動のしやすさを考えると、出来るだけ松本に近い方がイイのです。

2. 松本駅チカには「丸善」がある

1.の補足。

僕は本屋さんが好きです。本屋さんってたくさんの情報に溢れてるじゃないですか。それを直接手に取り、吟味しながら見たり買ったりできるのがイイ。

地方で困るのが書店なんですよ。品揃え豊富な書店はあまりありません。その点、松本には大型書店の丸善があるので、やっぱり松本に近い方がイイ。

丸善松本店さんには「ずっと営業していただきたい!」と切に願っておりますw

3. 大型スーパーなどけっこうお店が充実している

南松本駅の西側、国道19号線付近にはイオンやイトーヨーカドーがあり、駅の北側や東側はお食事処地域。この点は松本駅近辺より意外と便利そうなんです。

ただし、買い物するときに往復1時間以上の徒歩はきっついと思います。自転車や車を使うことになるでしょうね。

4. 長閑なロケーションがイイ

物件巡りをしていて気付いたのですが、僕はどうやらロケーションを重視しているようでした。例えば、窓から見える景色が「イイ!」と思えるかどうか。

僕の場合、この「イイ!」が長閑であることなんです。山が見えたり、畑や田んぼが見えたり、そんな自然を見ていたい。住宅地ではこれは望めません。そうすると、やはり駅からは遠くなってしまうんです。でも、僕の中で「駅から徒歩30分前後ならOK」と決めていたので問題なし。

ちなみに南松本物件は窓からの眺めは普通です。眼下にやや狭い駐車場、目の前に一戸建て(だったかな)ですからね。でも、ちょっと歩けば長閑さを味わえます。

GR000290

おわりに

どんな物件でも一長一短です。また、自分の希望にマッチする物件に出会えるかどうかは運やタイミングも関わってきます。南松本の物件もタイミングが良かったから出会えたようなもんなんです。

収納が狭いなど不満はありますが、そんなもんは相応の生活をすればいいだけ。むしろ、モノを持たないシンプルな生活をやってみるチャンスでもあるワケですからね。

そんなこんなで、今は引越の準備を進めているところです。引越は10月1日の予定・・・おぉ、あと半月もしたら松本で生活しているのか〜。

IMG_1988

★部屋探しするときに参考にしたい本★

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>

「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。
僕のできることで「あなた」を世界に伝えるメッセンジャーとして活動中。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で