松本/塩尻の迷った物件と選ばなかった理由

IMG_1959

移住先の家を決めるとき、最後まで悩んだ物件もありました、とは前回のエントリに書いたとおり。

今回は、物件選びにロケーション(まわりの雰囲気)を重視していた僕がどんなとこに魅力を感じて、どんな理由で選ばなかったのかをまとめます。

結局、物件選びは「生活するんだったら」ということを考えないとならん、ってことだね。

 
スポンサーリンク

松本の物件

物件巡りしているときは、部屋を見るあまりほとんど写真を撮らなかったし、慌てて撮ってしまってまともな写真がなかったりするのはスルーしてくださいw

ちなみに、どの物件も間取りや家賃はほぼ同じです。

ロケーション

GR000231

この物件は遠くに北アルプスが見えるんです。これが良い!

さらに、ここは高台に建っていて、3階建ての最上階。見晴らしが良い。周りの家屋がなければな〜、と思っちゃいますが、それでも窓から北アルプスが望めるならそれもいーじゃん!と本気で思ったものです。

だって、僕は信州の景色に惹かれているわけですからね。また、窓とは逆のドア側からの景色も良くてね。山が近いのだ。

建物としては、鍵は電子キーだし鉄筋コンクリートだし、僕が契約した木造アパートより防犯/防音のメリットはあると思います。(友達曰く「この構造なら、防音についてはどちらも大して変わらないだろう」とのことでしたが)

選ばなかった理由

松本の中心地から遠いんです。

ここは松本市内田という地区で松本市の南側。中央道の塩尻北ICが近い。

最寄り駅は村井駅で、そこまでが遠いんですよ。徒歩40分以上。しかも、高台に建っているので、緩やかでながい坂道が続いているのです。これは行きは良い良い、帰りは・・・・・・地獄じゃん?

村井駅から松本駅まで3つ(9分)なので近いです。でも、松本(の中心地)に出るまでが大変なんです。もちろん車なら楽ですよ。でも、前回のエントリで書いたとおり、僕は車だけに頼らない生活をするつもりなので、徒歩や自転車でも動けるところが良い。

契約したアパートに比べて、近くにスーパーや大きな病院があるというメリットもありますが、「景色」と「生活しやすさ」を天秤にかけてやめました。

松本に住むと決めて移住するのに、松本に行きにくいのはどうなのよ?って自問自答。

塩尻の物件

ロケーション

GR000200

こちらは長閑さが感じられる景色なんです、僕にとって。中央本線も近いので電車も見えます。静と動の雰囲気が感じられるかな。

塩尻駅までも行きやすく、平坦な道で徒歩20分ちょっと。めちゃ楽。駅前にはスーパーがあったり、えんぱーくという施設がステキなので、気分転換に使えます。

さらに、この物件も鍵は電子キーで鉄筋コンクリート。3階の最上階のはじっこ部屋。しかも、水道代が低価格で固定されているという物件です。費用を考えたら、けっこうラッキー物件なのです。

選ばなかった理由

条件は良かったんですが、やっぱり松本までが遠いんですよね〜。

塩尻駅から松本駅までは5つ(16分)とはいえ、そこまでして行くのか?って。遠ければ遠いほど、行きにくくなるんじゃないのかな〜ってさ。自転車を使った場合、松本駅まで距離にして15km・・・・・・お、おぉぅ・・・。

だったら、南松本駅まで徒歩30分の契約したアパートの方が動きやすいってもんです。松本までチャリで行けますから。

おわりに

部屋が綺麗だったり、設備が整っていても、信州移住の最初はやっぱり松本が良いんです。馬鹿かもしれないけど、まずはそこにこだわりたかった。

僕の「生活するんだったら」というのは、「松本に出やすい」ことと「松本に近い」ことなんです。その上で、生活用品が手に入りやすく、周りの雰囲気もグーなところを選んだつもり。

どんな物件も一長一短です。それに何人もの友達に「住めば都だよ」とも言われているし、何とでもなるでしょう。やってみないことには分かりませんよね、何事も。

★モノに囲まれるか、シンプルライフを目指すか★

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で