土鍋で炊いたご飯がうまい! 〜火加減を極める道は遠く険しい〜

IMG_2471

移住するにあたり、ごはんを炊く道具として選んだのが「土鍋」です。

「ふっくら炊きあがって、とっても美味しいのよ」といった感想があちこちで見られますので、ごはん好きとあってはこだわりたいところでした。

そんな僕の土鍋生活をお届けしましょう!

 
スポンサーリンク

土鍋で炊いたご飯がうまい! 〜火加減を極める道は遠く険しい〜

僕が使っている土鍋

僕が使っている土鍋はこちら。2500円くらい。

大きさは縦16cm、横20cm。意外に小さくてカワイイ。まん丸フォルムがお気に入り。

炊き方(2合炊きの場合)

炊き方の説明書が付いています。それによると

  1. 約400ccの水に20分つける。
  2. 中火よりやや強めで約13分炊く。
  3. 10〜20分蒸らす。

これだけ。

おこげを作りたい場合は、 1〜2分長く炊きましょう。つける時間を除けば、30分以内で美味しいごはんが食べられるって幸せ。

つける時間については、季節によって違うと言われていますよね。夏場で30分、冬場で60分。

さすがにそんなに待てませんので、僕は20分にしています。もう少し寒くなったら、30分から60分やってもいいかな。ブログを書く前につけておけば、あっちゅー間ですから。

うんま〜い!

土鍋はじわじわ温まってくのが特徴で、それが美味しいごはんを生み出すカラクリです。

実際、美味しいですよ。ごはんがススム!ススム!

また、裏付けはありませんが、1〜2日間ほど保存しても、レンジでチンすると美味しく食べられる気がするんですよね。これは電子ジャーで炊いたごはんでは経験したことがありません。

火加減を極める道は遠く険しい

たしかに「うんま〜い!」んですけど、実は最初の頃に炊いたごはんの方がおいしい気がしています。先入観なく炊いていたからか、過去が美化されちゃったのか。

いやね、ネットを見ても

  • 火加減を調整すれば吹きこぼれませんよ
  • どんな風に炊いても吹きこぼれます

と、意見が真っ二つに分かれているんです。

ちなみに僕の戦績は100%吹きこぼれます。説明書にも「火加減が強い場合、吹きこぼれることがあります」と書かれていますが、100%「ことがあります」なんですよ。

ただ、「やりゃーできる!」という信念で僕は火加減を思考錯誤しています。例えば、

  • 中火の強さを変えて規定時間炊く
  • 弱火で規定時間より長く炊く
  • 最初は強火、そして弱火にする

と、こんなことに心血注いでいるからか、最近のごはんは当初ほどの「感動」が薄れてしまったような・・・。いやいやいや、美味しいんですけどね。

料理の道って険しい。でも、そこが楽しいところだよね。

★土鍋で炊きたいけど、吹きこぼれてほしくない方はこちらの土鍋がオススメです。

土鍋のお手入れ

残ったごはんは、できればその日のうちに茶碗によそってラップしておいた方がいいです。

もちろん土鍋のままでも保存はききますが、土鍋についたお米がカチンコチンになって、取りづらくなるんですよ。

とはいえ、僕は毎回洗っていません。「今日は洗いたくな〜い」ってときは翌日にカチンコチンと戦う決心をして全力でサボりますw

おわりに

IMG_2441

「少量炊きの電子ジャーは美味しく炊けないのよ」

という家族の経験から、僕は土鍋の道を歩み出しました。

ちょっと手間はかかりますが、美味しく食べられますし、何より自炊を楽しみながらやれているんで、買って良かったですよ。シチューや鍋にも使えるので、今度やってみます。

「美味しいごはん」に興味ある方は、土鍋の世界を味わってみてはいかがでしょーか。

★めくるめく土鍋ごはんの世界へ

★土鍋を買ったら読みたい本

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で