第5回 野望の会参加レポート!参加することで気づける2つの大切なこと

魅力

気づけることそれは、

  • 自分が持っている/放っている個性や魅力
  • コミュニケーションの大切さ、というより「会話の基本はこういうことなのか!」という実感

この2つです。

 

というわけで、信州移住前の2015年9月末、「第5回 野望の会」に参加してきましたので、レポートするといたしましょう!

 
スポンサーリンク

<第5回 野望の会参加レポート!参加することで気づける2つの大切なこと>

野望の会とは

GR000527

ライフコーチ・大下千恵さん(「よーんさん」というあだ名で親しまれています)が主催する、「自分の魅力に気づきましょうぜ!」というイベントです。開催の告知がされると、すぐ満席になるほどの人気っぷり。

▼よーんさんのブログ
[ss class=”alignleft” rel=”nofollow” width=”160″ url=”http://teleidoscope.org/” title=”テレイドスコープ | 日常をパレードのように彩り豊かなものに。だって止まってる暇なんてないでしょう?”]

 

▼第5回 野望の会の告知ページ
[ss class=”alignleft” rel=”nofollow” width=”160″ url=”https://22b0c6ee8d99c5eeac3097cac0.doorkeeper.jp/events/31226″ title=”【満席】第5回 野望の会〜もしもし魅力が溢れてますよ…秋編 – テレイドスコープ | Doorkeeper”]

 

▼こんな感じで参加してきました(鼻に指を突っ込んている風に写っているけど、決してそんなことは・・・)
[ss class=”alignleft” rel=”nofollow” width=”160″ url=”http://teleidoscope.org/yaboinfo6/” title=”【次は10/15(木)!】第5回野望の会開催!そして次回の募集開始しました。 | テレイドスコープ”]

野望の会の進み方

GR000528

すごく簡単な4ステップ。

①4〜5人が1組になる

②話し手が野望を語る(3〜4分)
話したいことは何でもいいんです。「自己紹介」だっていいし、「こういうことやります!」でもいい、 逆に「こういうことやってきました!」でもいい。

話したいことを話すんです。最初は恥ずかしいかもしれませんが、話していくうちに自然と自分の中に熱量を感じているはず。

その間、聞き手はじっくり聞きます。話を遮らない。茶々も入れない。ただ、話し手が途切れたら、逆に質問したりして促すのはあり。

③聞き手のみなさんが、話し手の話し方やその内容などから感じたイメージを言葉にする
以下のカテゴリに分けて言葉にします。

  1. 価値観&考え方
  2. 持っている力
  3. 思考&行動
  4. 今の状態
  5. 周囲への影響

そのときに用いられるのが、ボジティブワードがてんこ盛りのカードです。(EFカードといった商品だったかな)

④次の人が話し手として野望を話す(以降、繰り返し)

【次のページ】気づかせてくれたこと・その1

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

BlogやSNSに顔写真を公開するのはなんだか恥ずかしい。けれど、

  • 勇気を出して公開したい!
  • 今の自分を見てもらいたい!
  • 実は誰かに撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの応援を僕にやらせてください。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本市、下旬は横浜市にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、その他の場所にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたいな。

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

Profile

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!