「自分に正直でいる」という”怖い覚悟”

DSCF5050

 

僕の恩師のひとり、大塚彩子さんの記事を読んで「はっ」となったのです。

▶︎参考:5年前の今日、私は燃え尽きから立ち上がりつつあった | 自分にOKを出して前に進む!

 

でも、なにか湧き出てきそうなんだけど出てこない。うまく言葉にできないけど、なんとか整理してみたのが今回の記事。

正直うまくまとめられたかは分かりません。読者に伝わるかも分からない。でも、とにかくやってみました。やることが大事。

2015年も終わる今、僕が抱えている「モヤモヤ」をクリアにするため、頭の中を整理したかった。なぜなら、これまで「モヤモヤ」を感じたときは、そのあとに必ず成長できたから。

 

 
スポンサーリンク

 

気になったフレーズ、それは「自分に正直でいる」

僕が気になったのは文中のここ▼

 

それには「自分に正直でいる」という
いちばん怖い覚悟が必要なんですけどね。

 

「覚悟」という言葉になにかを感じて「自分に正直でいる」ってどんな状態なんだろう?と考え出したのが始まり。

そして、僕の解釈は・・・

「自分に正直でいる」の解釈

DSCF5051

 

「自分を好きになる」ということ

どんなことをやっていても、それをやっている自分を好きになる。言いかえれば、「自分を許す」ことだと僕は思います。

例えば、「今度の日曜、久しぶりにゆっくり休めるから、書評ブログを書こう」と予定を立てたとします。でも、当日は「今日は何もする気が起きないな〜、あっ、ゲームやろっかな」となり、1日中だらけてしまった。

その日の夜、明日からまた仕事が始まるという夜、そんなとき皆さんはどう感じるでしょうか?

以前の僕だったら、

「あ〜、結局やらんかった・・・」

と罪悪感に100%とらわれていたでしょうね。もちろん、今も「アチャ〜」とは思うけど、以前ほど「ずーーーん」と凹むことはありません。(そもそも、何に対する罪悪感なんだ?って話もありますよね)

「自分を許す」ということ

ここで

「あ〜、結局やらんかった・・・」

「それすらもそれでもいい」とするのが、「自分を許す」ということ。

というか、本来はジャッジして二元論(善悪)にしないのが理想。やったから善、やらなっかたから悪ではないのです。「書評を書かなかった」ということに対してジャッジせず、事実は事実として受け入れる。

それにね、人は自分の固定観念に従って、好きなことを選択して生きているものです。

潜在意識では「休日にゲームで遊ぶ」が好きなことだったってだけ。もっといえば、実は「書評なんか書きたくない」のかもしれないよね。

だから、それはそれでひとつの気づきとして受け入れればいい。否定も肯定もしない。そうすることが、「では、自分が本当にしたいことはなんだろうか」と考えるキッカケになります。

やったことにフォーカスしよう

前述の例でいうと「書評は書かなかったけど、ゲームはやった」わけじゃん?

つまり、「やったこと」はあるんだよね。ゲームを楽しんだ、という事実はあるわけです。気分転換になったわけです。(ゲームは非生産的なことですが、僕自身、ゲームで気分転換している人なので否定はしません)

だから、「〜〜やらなかった」ではなく、「(それでも)〜〜やった」という方にフォーカスした方が気持ちいいですよ。

 

というのが、”「アチャ〜」とは思うけど、以前ほど「ずーーーん」と凹むことがなくなった”理由です。

以前は、今以上に悪い意味で考えすぎて、真面目で、頭が固くてね。その度に自己嫌悪ですよw

凹むことがなくなったキッカケ

DSCF5052

 

覚悟を決めたから

昔の僕なら「ずーーーん」でしたが、そうなりにくくなったのは「覚悟」したからだと思います。

  • 会社を辞める覚悟
  • 移住する覚悟
  • 初めて他県に引っ越す覚悟
  • 会社を離れ、ひとりでやっていく覚悟
  • 自分の名で稼ぐ覚悟
  • 収入が不安定になる覚悟

などなど。

いちばん怖い覚悟とは

ここで再び登場する引用文。

 

それには「自分に正直でいる」という
いちばん怖い覚悟が必要なんですけどね。

 

この「いちばん怖い覚悟」の部分。

これね、上の「・」にあげたような覚悟をすることです。そして、自分を許す覚悟ですね。

今までは「予定を立てたことはこなさいなとダメ」と信じてきたけど、その長年の習慣を真逆にして、許す「ようにする」のです。

今まで経験したことのない領域に踏み出すわけですから怖いよ。めっちゃ怖いよ。僕が長年、移住したいと思っていてもできなかったのは、未知の領域に踏み出さなくてはならない恐怖があったからです。

最終的にはいろんなことがあって「エイッ」と踏み出せましたが、この決断をするまでに2年かかりました。

 

「いちばん怖い覚悟」、僕はこの文脈を見て、こんなことを感じたわけです。

おわりに

DSCF5053

 

ここまで書いてきて思うのは、

 

「いちばん怖い覚悟」をすることは、僕だけでなくあらゆる人が「(その人にとっての)自由に生きる」ために通らなくてはならないものだ。

 

ということ。それが湧き出てきた言葉の正体なのかもしれません。

でも、まだ消化できていないこともあります。

  • 「自分を許す」ことと「自分を甘やかす」ことの境はどこか?
  • 「自信をつけるには、自分との約束を守ることが大切(予定したことをコツコツこなす)」なのに、それと矛盾してないか?

これらについて、ハッキリと答えが出せないんですよね〜。分からぬ。でも、たぶん「んなもん、気にすんな!」で一蹴できる気がする。

 

DSCF5054

 

僕は「自分の好き」で生きるために、信州に移住しました。順調に生活できているかといえば、日々アップダウンしています。結局なんとかなっているという経験はしてきているのに、まだまだ心のお稽古を欲している。

そんなとき今回ご紹介した記事を読んで、感じるものがあったのでした。

 

自分に正直でいる覚悟さえすれば
それはちゃんと聞こえて、キャッチすることができて
それに従って流れに乗ることができます。
結局なんとかなります。

 

うん、僕なりにもっと自分に正直になりますかね!

チャンスはそこら中にあるんだし、あとはそれを掴むだけ!

自分の好きを思い出すために役立つ本

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

BlogやSNSに顔写真を公開するのはなんだか恥ずかしい。けれど、

  • 勇気を出して公開したい!
  • 今の自分を見てもらいたい!
  • 実は誰かに撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの応援を僕にやらせてください。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本市、下旬は横浜市にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、その他の場所にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたいな。

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で