自分の写真が売れた!しかも印刷したものが!〜写真を発信しつづけてきたからこそ得られた奇跡〜

僕がデジカメを使いはじめたのは2000年12月。以来、全く撮らない期間もあったけど、今では自分の表現ツールとして、写真は当たり前のものとしてあります。

でね、こうして10年以上続けてきて初めて「僕の写真を買いたい」と言ってくださる方が現れました。しかも、印刷したものを、です。

2015年のことで、その年はなんと2件もの依頼がありました!

ずっとブログやSNSで発信してきたからこそ起こせた「奇跡」だと僕は思ってます。

 

僕はアーティストとしての写真作家と、イベントやプロフィール写真などを撮るカメラマンとして、いまは活動をしています。

もともと写真作家でありたい気持ちが強いので、印刷の依頼を頂いたときは本当に嬉しかったです。

とはいえ、なんせ初めてのことですから、どうやって印刷するか?額縁はどうするか?料金設定は?すべてが勉強でした。

 

 
スポンサーリンク

 

<自分の写真が売れた!しかも印刷したものが!〜写真を発信しつづけてきたからこそ得られた奇跡〜>

DSCF5110

ご依頼主

依頼主1:多目的スペースのオーナーさん

東京は麻布十番にある多目的スペースのオーナーさん。印刷の仕事では僕の最初のお客様です。

僕は撮った写真はほぼ全てFlickrにアップしています。そのFlickrで目にした写真に「癒し」を感じてくれたようでした。

▶︎Takashi Hanamura | Flickr – Photo Sharing!

ちなみに、こちらのアルバムにその写真があります。どれとは言いませんが笑

▶︎2015.06.14-16_京都旅 | Flickr – Photo Sharing!

多目的スペースはリラクゼーションルームとしても使われるため、それにぴったりな写真だったのか〜なと思います。

このときは額装から納品、設置までやらせていただきました。初見でものすごく喜んでくれたのが、本当に嬉しかったですね。

依頼主2:インテリアデザイナーさん

あるモデルルームを担当されていて、そこに僕が撮った山の写真を使いたいとのご依頼。

このときは額装なしで印刷のみ。

過去のストック写真もあったのですが、依頼された時は、僕が信州に移住したてだったこともあって、長野県の大町〜白馬周辺に撮影に出かけました。秋晴れの楽しい撮影の様子はこちら!(信濃大町で食べたソースカツ丼がうまかったです)

▶︎2015.10.22/26_山撮影 | Flickr – Photo Sharing!

過去ストックと新たに撮影した写真から20点くらい提案し、採用していただいたのは5点くらい。多く提案したためか、大変喜んでくれました!

こちらのお仕事では、規定の用紙サイズ(A3、A4等)ではなく、mm指定カットの依頼でした。ですから、印刷してカッターで切ってといった経験をさせていただきました。

 

そうそう、あのね、嬉しいから書いちゃうけど、この方には僕の写真をこのように評してもらったんですわ。

(僕の写真は)自然を撮ってやろう、というガッツク感じではなく、自然にやさしく寄り添っている風がいいわね」って。

「寄り添う」ってなんてステキなキーワードを言ってくれたのかと。

どうやって印刷するか?

GR000817

今でこそ友人から譲り受けたプロ用プリンタを持っていますので、A3ノビまででしたら自宅でやってます。

メーカーサイトからカラープロファイルが提供されているので、Lightroomでカラーマッチングしながらい〜い具合の色で出力できます。(それでも色合わせは難しく、いい勉強になりましたし、今も勉強してます)

ただ、依頼主1さんの時はそのようなプリンタを持ってませんでした。また、依頼主2さんの場合は、mm指定でA2以上の用紙サイズ+カットをご所望でしたので、「エプソンプライベートラボ」を利用しました。

▶︎プライベートラボのご案内 | epSITE | エプソンのフォトポータル | エプソン

ここいいですよ〜。

たいていのサイズのプリントができます。また、PC/ディスプレイ/プリンタそれぞれがカラーマッチングされていますし、EPSONのステキな用紙も使えます。その上、インクは使い放題!(1枚印刷いくら、という従量制ですけどね)

広い作業台もあるのでカッティングもできます。

額装はどうするか?

DSCF5115

額縁ってたくさんありますよね。

でも、写真を飾る場合はいたってシンプルなのでいいと僕は思ってます。

ほとんどの場合において、主役は写真だからです。もちろん、額縁も含めて立派なインテリア、と考える場合はその限りではありません。

額装も込みで依頼された場合は、額縁と写真をコーディネートすることが僕にできることですね。写真によって額縁のカラーやデザインをこだわるのです。

料金設定は?(2017年1月〜)

GR000822

商売としてどうしていこうか考えました。実は有識者にもたくさん相談しました。その結果、以下のとおりとします。すべて税込みです。(2017年1月更新)

わからないことがあればまずは問い合わせください。 → CONTACT

 

【印刷料】
通常印刷(A4等、規定サイズの場合):15000円/枚
特殊印刷(A2以上 or A2以上でかつ、mm指定によるカット作業が含まれる場合):要見積もり

※用紙/インク代込み料金
※通常印刷の対応サイズ:A3ノビ、A3、A4、四切、六切
※通常印刷の場合はバックシートを貼って納品いたします
※特殊印刷については作業内容により工賃をいただきます(外部サービス利用料金など)

【額装料(額縁+コーディネート)】
通常印刷:15000円/枚
特殊印刷:要見積もり

※特殊印刷については額をオーダーメイドするため、サイズによってはお客様ご負担となります
※市販品の額縁を加工する依頼は承っておりません

【その他】
梱包料と送料:お客様ご負担

※搬送中にもしものことが起こらないよう対策します

おわりに

GR000823

「自分はこういう写真を撮る人だ」ということを、ブログやSNSで発信していると、知らず知らずにファンができるものなんですね。ありがたいですよ、ほんと。

そうするとね、今回のようなお話が降ってきたりするもんなんだな〜と感激しました。

これまでは写真をブログやFacebook/Twitter、Flickrでしか公開してきませんでしたが、今はPortfolioサイトを作り、そちらでも作品を公開したり、Instagramもやっています。

▶︎Takashi Hanamura | Photographer in Shinsyu, Japan.
▶︎Takashi Hanamura | Instagram

少〜しずつ見てくれる方やコメントをくれる方が増えていています。そうやって発信し続けて、いずれ世界中に僕の写真を届ける!

と、考えるとワクワクしますね笑

 

「こういう感じの写真が欲しい」であったり、「こういう気持ちになれる写真が欲しい」という漠然なリクエストでも構いません。僕の写真に興味がありましたら、ご連絡くださいな。喜びますんで!

▶︎連絡先はこちら

 

最後にご依頼してくれたお二方、ありがとうございました!

写真を印刷するなら手にしておきたい書籍

Profile

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!