毛布の敷く順番について僕の実感を熱く語る

GR000840

2014年か2015年の冬からかな、「毛布の正しい敷き方」という話がネット上に出てきました。

曰く、これまでは

『敷布団 → 人 → 毛布 → 掛け布団』

と敷いて寝るのがふつうでしたが、

『敷布団 → 毛布 → 人 → 掛け布団』

ということで、実は毛布の上に寝る方が暖かいのだ、と。

 

でね、寒い信州に移住したので僕もやってみました。結論としては、僕は「これまで」の方がしっくりくる、です。

 
スポンサーリンク

<毛布の敷く順番について僕の実感を熱く語る>

松本の寒さ、なめてました

松本の冬、とても寒いです。正直、なめてました。移住前は「な〜に大丈夫さ!Hahaha!」でしたが、蓋を開けてみると、かなり寒くてびっくり。空気が、風が、痛い。

実際、松本の人は冬はあまり出歩かなくなるそうです。

僕が住んでいるところは、北アルプスからの吹き込み風が流れてきやすいため、1日中、風が強い日もあります。気温が低く、風が強いと、なるほどたしかに出歩きたくはないですね。

ってことを身をもって経験できるのも、思い切って移住したからこそ。住んでみて初めてわかるコトやモノはたくさんあります。新鮮・・・だけど寒いのはシンドイ(笑)

話が逸れました。

GR000834

冬の寝具

この3つ。

電気毛布や湯たんぽの類は使ってません。

ムアツふとんは移住記念に奮発したんです。▼こちらの若きカウボーイの記事を読んで、「こりゃぁ、買いだな」と。

[ss class=”alignleft” width=”170″ url=”http://jmatsuzaki.com/archives/15237″ title=”西川ムアツ布団を買ってみたがメチャ寝心地よくて安眠できる | jMatsuzaki”]

実際、ムアツふとんはかなりオススメですね。寝心地よいですよ。高いなりの価値は確実にあります。

GR000835

冬の寝る体勢

部屋が寒いときは布団をかぶって寝ます。頭から足先まですっぽりと。

そうするとね、毛布が体温からの熱をいい具合に循環させてくれるんです。さらに、ムアツふとんがそれを優しく受け止めてくれます。

そして、一番上の羽毛布団が循環した熱を逃がさないように守ってくれる、と感じるのです。

 

これで暖かい空間の出来上がり。この包まれてる感がいい。

 

だから、部屋の温度が低かろうが、部屋ではく息が白くなってようが(マジ勘弁)、かぶって寝るとかなり快適です。1ミリたりとも頭を外気にさらしたくないくらい「なんとかホイホイ」状態になりますね。

そう、冬は起きるのにかなりの「勇気エネルギー」が必要なのです。

GR000836

毛布の上に寝ると守備力ダウン

で!

ためしに毛布を下に敷いて寝てみたんですが、毛布による循環熱が発生しないし、寒さから身を守ってくれる「鎧」が羽毛布団1枚だけになって、僕は逆に寒かったですね。守備力ダウン。

なお、部屋の床は裸足で突っ立っていたくないほど冷たいです。でも、ムアツふとんの90mmという厚みのおかげか、床からの冷気は皆無なのです。

だからこそ、僕は部屋の外気との戦いに集中すればいいわけで、つまり、身体の上をいかに暖かくするかが大切。

そうすると、羽毛布団1枚より、毛布も加えた2枚の方が、守備力が高くなるわけです。

GR000838

おわりに

ネット上で絶賛されている「毛布を下に敷く」は僕にはしっくりきませんでした。おそらく、こういうのは土地柄もたぶんに反映されるものなのでしょう。

いずれにせよ

「自分が生活する空間」は、起きてる時も寝てる時も、自分が快適に感じられるようにこだわるのが一番です。

GR000839

寝具にこだわると幸せになれます

シングルサイズ、柄をおまかせにすれば、意外と安く買えます。

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

BlogやSNSに顔写真を公開するのはなんだか恥ずかしい。けれど、

  • 勇気を出して公開したい!
  • 今の自分を見てもらいたい!
  • 実は誰かに撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの応援を僕にやらせてください。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本市、下旬は横浜市にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、その他の場所にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたいな。

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で