SIGMA Photo Proが起動しない?そんなときは「待つ」のがベスト

DP1M2702

SIGMAのカメラで撮影したファイル(X3F)は専用のアプリケーション「SIGMA Photo Pro」(以降、SPP)でないと現像できません。Foveon X3という特殊な撮像素子(センサー)なので、専用のアプリケーションが必要になります。

ただ、僕はMac OSXのMavericksかYosemiteの頃からかな。なぜかSPPが起動しなくなってね。調べてみても僕と同じように困っている方がおらず、次第にSIGMAのカメラは使わなくなりました(僕が持っているのはDP1 Merrill)。

でも、ようやく問題が解決し、DP1 Merrillをまた使うようになりました!

って、実は問題は問題ではなかったんですけどね。

 
スポンサーリンク

<SIGMA Photo Proが起動しない?そんなときは「待つ」のがベスト>

SIGMA Photo Proが起動しない?

起動しなくなったのは2016年3月時点で最新の「SPP Ver6系」です。

DP1 Merrillを買った当初はVer5系でした。Ver5系は昔のアプリ(特にWindows OS)にありがちな、実はサクサク動くという感覚があるんですが(笑)、Ver6系の方が現像結果がしっくりきます。「色が扱いやすい」と言えばいいのかな。最新のQuattro世代に合わせたことによる変更点なのでしょう。

それに最新版の方が機能向上が図られているのが世の常。やはり最新版を使いたい!でも動かない!

実はVer6系がリリースされた当初は僕のMacでも動いていました。ところがVer6.0.3だったかな、急に動かなくなったんですよ。

でもね、解決方法はいたって簡単。その方法とは・・・、

DP1M2683

解決方法は「待つ」

起動するまでひたすら待ちましょう。

レインボーマークがくるくるしてても待ちましょう。

command+option+esc同時押しで強制終了リストに「応答なし」と出てても待ちましょう。(僕はここで強制終了してました)

このSPP Ver6系はインストール後の初回起動時にやたらと時間がかかります。僕はだいたい3〜5分くらい待ちました。ひたすら待てば使えるようになるはずです。

DP1M2696

おわりに

ようやくX3Fファイルが現像できるようになったので、久しぶりにDP1 Merrillを使ってますよ。なんと、ファイルの日時を見たら2015年10月中旬以来でした(笑)

やっぱり高解像ですね。う〜ん、Quattor世代のカメラを使ってみたい。今ですと「sd Quattoro」にも興味津々です。

DP1M2700

DP1 MerrillのFoveon X3センサーが超解像とはいえ、X-T1やGRだっていい感じです。また画角がRICOH GRと同じ28mmですし、実際今の僕が作品をつくるならX-T1やGRの方が楽にできます。つくりやすいのよ。

でもね、DP1 MerrillはDP1 Merrillもいいところはあります。

今のところは気分転換に使って、今後どう活用しようか考えていきます。これはこれで楽しい悩みです。

DP1M2688

超高解像度のカメラはこちら

超高解像度のカメラの最新世代はこちら(2016年時点)

こちらも画質、使い勝手など含めてオススメです

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

BlogやSNSに顔写真を公開するのはなんだか恥ずかしい。けれど、

  • 勇気を出して公開したい!
  • 今の自分を見てもらいたい!
  • 実は誰かに撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの応援を僕にやらせてください。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本市、下旬は横浜市にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、その他の場所にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたいな。

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

Profile

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!