SIGMA Photo Proが起動しない?そんなときは「待つ」のがベスト

DP1M2702

SIGMAのカメラで撮影したファイル(X3F)は専用のアプリケーション「SIGMA Photo Pro」(以降、SPP)でないと現像できません。Foveon X3という特殊な撮像素子(センサー)なので、専用のアプリケーションが必要になります。

ただ、僕はMac OSXのMavericksかYosemiteの頃からかな。なぜかSPPが起動しなくなってね。調べてみても僕と同じように困っている方がおらず、次第にSIGMAのカメラは使わなくなりました(僕が持っているのはDP1 Merrill)。

でも、ようやく問題が解決し、DP1 Merrillをまた使うようになりました!

って、実は問題は問題ではなかったんですけどね。

[adSensecode]

<SIGMA Photo Proが起動しない?そんなときは「待つ」のがベスト>

SIGMA Photo Proが起動しない?

起動しなくなったのは2016年3月時点で最新の「SPP Ver6系」です。

DP1 Merrillを買った当初はVer5系でした。Ver5系は昔のアプリ(特にWindows OS)にありがちな、実はサクサク動くという感覚があるんですが(笑)、Ver6系の方が現像結果がしっくりきます。「色が扱いやすい」と言えばいいのかな。最新のQuattro世代に合わせたことによる変更点なのでしょう。

それに最新版の方が機能向上が図られているのが世の常。やはり最新版を使いたい!でも動かない!

実はVer6系がリリースされた当初は僕のMacでも動いていました。ところがVer6.0.3だったかな、急に動かなくなったんですよ。

でもね、解決方法はいたって簡単。その方法とは・・・、

DP1M2683

解決方法は「待つ」

起動するまでひたすら待ちましょう。

レインボーマークがくるくるしてても待ちましょう。

command+option+esc同時押しで強制終了リストに「応答なし」と出てても待ちましょう。(僕はここで強制終了してました)

このSPP Ver6系はインストール後の初回起動時にやたらと時間がかかります。僕はだいたい3〜5分くらい待ちました。ひたすら待てば使えるようになるはずです。

DP1M2696

おわりに

ようやくX3Fファイルが現像できるようになったので、久しぶりにDP1 Merrillを使ってますよ。なんと、ファイルの日時を見たら2015年10月中旬以来でした(笑)

やっぱり高解像ですね。う〜ん、Quattor世代のカメラを使ってみたい。今ですと「sd Quattoro」にも興味津々です。

DP1M2700

DP1 MerrillのFoveon X3センサーが超解像とはいえ、X-T1やGRだっていい感じです。また画角がRICOH GRと同じ28mmですし、実際今の僕が作品をつくるならX-T1やGRの方が楽にできます。つくりやすいのよ。

でもね、DP1 MerrillはDP1 Merrillもいいところはあります。

今のところは気分転換に使って、今後どう活用しようか考えていきます。これはこれで楽しい悩みです。

DP1M2688

超高解像度のカメラはこちら

超高解像度のカメラの最新世代はこちら(2016年時点)

こちらも画質、使い勝手など含めてオススメです

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORKS」へ。ご依頼は「CONTACT」からどうぞ。

写真のオシゴト一覧

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします