ストウブは省エネ!弱火でOK!ゆで卵の作り方

DSCF7810

 

ストウブで重ね煮にハマるようになってから、ゆで卵もストウブで作るようになりました。普通の鍋で茹でるより省エネだからです。

というわけで、今回はストウブでゆで卵の作り方を紹介します!

 

 
スポンサーリンク

 

ストウブは省エネ

通常、ゆで卵を作るには卵が充分浸かるくらい鍋に水を引いて、沸騰してからさらに数分間茹でます。僕は沸騰してから6〜7分ほど茹でていました。

水の量や卵の数にもよりますが、トータルすると10分以上は確実にかかっていましたね。

ところが、ストウブを使うと「時間」と「水」、「ガス」が節約できるんですよ!

 

DSCF7806

 

ストウブでゆで卵の作り方(Lサイズの卵1個)

  1. 卵の底(丸い方)に包丁等で小さい穴を開ける
  2. ストウブに水50cc入れる(▲上の写真くらいでOK)
  3. 半分ほど蓋をする
  4. 弱火でFire!!!
  5. 水がプクプクしはじめたら蓋を閉める
  6. そのまま6分間ほど弱火でFire!!!
  7. 火を止めて余熱で1分間ほど放置
  8. ゆで卵を冷たい水につける

手順は8個もありますがシンプルでしょ?

ストウブでつくるとまず10分以上かかりません。水は50ccでOKですし、▼下の写真のように弱火で充分です。最初、この省エネ効果にびっくりしました。

 

DSCF7809

 

茹でる時間に注意

「茹でる時間は6分」と書きましたが、これはLサイズの卵1個の場合。半熟ではないものの、やや柔らかめの黄身になります。

茹でる時間は「卵の数」や「室温」も関わってくると思いますので、自分なりのベストを探した方が良いでしょう。

2個茹でる場合や冬の季節は+1〜3分するのがいいんじゃないかな。あるいは余熱の時間を増やしても良いかもしれません。

以前、半熟の卵を2個作ろうとして4〜5分茹でたのかな。見事に失敗して白身が固まりきれませんでした。ということがあって、以来6分をデフォルトにしました。

 

DSCF7808

 

おわりに

ストウブを使うと簡単にできちゃいます。おかげで卵を摂りたいときは卵料理を作らずに、ゆで卵で済ませちゃうこともしばしば(笑)

それはそれでいいの?ってツッコミはありそうですが、ゆで卵も好きだからいいんです。

 

DSCF7807

 

万能ホーロー鍋、ストウブが気になる方はこちらをご覧ください

○僕が使っているストウブ16cm
メイン/サブ問わず、おかずが1品作れるサイズです。重ね煮だってできます。

○カレーやシチューには26cm〜あると良いでしょうね

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。
僕のできることで「あなた」を世界に伝えるメッセンジャーとして活動中。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で