MacからWindowsにデータを渡すときは「MacWinZipper」するのをお忘れなく〜文字化け/不要ファイル混入対策〜

僕は忘れてしまいました(笑)ですので、みなさん注意しましょう!「MacWinZipper」はMacを買ったらインストールしておいて良いアプリです。

 

僕は写真などのデータを送る際、対象のフォルダ/ファイルをZIP圧縮したのち、Dropboxなどのストレージサービスを利用します。「リンク共有」という機能を使うことで、簡単にデータの受け渡しができるのです。

ただ、ZIPデータそのものがイケてない場合は、いかに簡単にできると言っても意味をなしません。データを受け取る相手が自分と違う環境であればなおさらです。違う環境っていうのは、例えば僕:Mac、相手:Windowsという場合のことね。

 

 
スポンサーリンク

 

MacからWindowsにデータを渡すときに注意すべきは以下2つ。

  • ファイル名の2バイト文字は文字化けする
  • ファイル名が「.」から始まるMac特有の不可視ファイルまで送ってしまう恐れがある(フォルダごと渡す場合)

注意しないと

  • ファイル名が化けててわかりませ〜ん!(データ自体が壊れているわけではありません)
  • 「.Ds_Store」という見慣れないファイルがあるけど・・・なにこれ?いや〜!

と、このように相手さんとしては「???」になります。詳しくは割愛しますが、それぞれ環境が違うから、という理由です。

DSCF5846

こういうときに役立つアプリが「MacWinZipper」です。

有料版と無料版があります。無料版は広告が表示されたり、便利な機能が省かれていますが、僕の使用用途では十分。もちろん、上述のような「文字化け」や「不要なファイルの混入」も解決してくれますのでご安心を。また、パスワード付きのZIPもつくれます。

使い方は簡単。アプリを起動したらWindowに対象のファイル/フォルダをDrag&Dropするだけで、文字化けをなくし、「.Ds_Store」を削除したZIPファイルが作成されます。

DSCF5847

おわりに

世界でどのOSがどの程度使われているのかは知りませんが、いろんな環境が存在するからこそ、開発元はユーザがこういうことを意識せずにスムーズにやり取りできるようにしていただけると嬉しいんですけど、なかなかそうはいかないんですよね〜。

今回の件は昔からのMacユーザにとっては当たり前のことですが、いや〜、すっかり忘れていました。

今後お仕事でデータ授受する機会も増えそうです。気を引き締める意味も込めて、備忘録として記事にしておきました。Mac初心者さんの参考になれば幸いです。

DSCF5848

AppStoreからもインストールできます

アプリ名が違いますが、MacWinZipperと同じものです。

WinArchiver Lite

無料
(2016.06.16時点)
posted with ポチレバ
WinArchiver

3,000円
(2016.06.16時点)
posted with ポチレバ

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。
僕のできることで「あなた」を世界に伝えるメッセンジャーとして活動中。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で