ワクワクすることがわからない?「ワクワクの見つけ方」はこれ!

結論からいうと「自分の感情を見よう」ってこと。

 

僕は「ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすことにある。」を読んでかなり衝撃的を受けました。

本書には「ワクワクを見つける方法」が書かれています。

簡単にいうと「昔ハマったコトをすべて書き出し、そのすべてを同時に同じ熱量でやろう」とのこと。この本をワークをこなすことで、自分のワクワクを見つけられる方も多いでしょう。

これに僕なら「行為そのものより、感情を見よう」を付け加えます。

やった結果に感じたモノ、やっているときに感じたモノ。そのモノ=感情が自分にとってポジティブであれば、それがあなたの本来のワクワクです。

DSCF5866

行為でなく感情の例

例えば、昔野球にハマっていたとします。だから野球がワクワクすることだ、と考えるのは早計です。

野球をやっていたときに自分がどんな気持ちだったか、そっちを見ることの方が大切。より正確に自分がわかるから。

  • 相手と競うことが楽しかった
  • チームで一丸となってコトを成すことが嬉しかった
  • 今でできなかったことが(練習、鍛錬することで)できるようになったその達成感に喜びを感じていた

などなど、やっているときに感じたモノ。それがワクワクの正体。

そう考えると、野球でなくてもその感情になれる選択肢はありますよね。

DSCF5867

僕の例

子供の頃、やたらとプラモデルを作っていたんですよ。今も無性にやりたいかというとそうでもないんですよ。

というわけで、作っていたときの感情をイメージしてみると、おそらくこんなところでしょう。

  • 楽しい! → 無(パーツ状態)から有(完成型)になること、手を動かして作ること
  • 達成感! → ひとつひとつ組み合わせてモノを作ってゴールにたどり着くこと

DSCF5864

ワクワクを見つけるときにやること

ワクワクを探そうと自分の感情と向き合ってみても、最初はなかなか出てこないかもしれません。そんなときは以下のことを試してみてください。

  • 考える時間を持つ(1日5分でもいいから考える習慣をつけると、なんかの拍子に降ってくる)
  • ノートに書き出す(なんでもいいから頭の中をひたすらアウトプットしてると急に降ってくる)
  • 散歩する

このように自分なりの集中とリラックスができるような儀式があると良いですね。また、考える習慣をつけると、そう意識した脳ミソが全力で検索かけますから見つかりやすくなります。脳ミソってそういうもんなんですよ。

僕のオススメは「ノートに書き出す」こと。パソコンやスマホは使わず、ペンとノートです。アナログね。ひたすら書いているとね、突然出てくるんですよ、これがまた。

DSCF5862

おわりに

僕らは感情の生き物です。そこに理性があるからいい感じに人が成り立っていると僕は思う。

感情を達成させるために理性があるのです。

そして、ワクワクは感情です。理性ばかりで生きてくるとなかなか感情にアクセスすることは難しい。でも、少しずつ自分の内面と向き合っていくと見つかっていくものです。

こうして見つかったワクワクは、最終的にはやってみないことには本当にワクワクするかはわかりません。見つけて満足するのではなく、ぜひやってみると良いですよ。ひとつでもいいからね。

DSCF5863

紹介した本

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「サービスメニュー」へ。ご依頼は「お問い合わせフォーム」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします