【WordPress】DigiPress専用プラグインが更新できないときは手動で更新しよう!そして、もうひとつの方法とは!?

このブログに使っているテーマは、DigiPress社製のテーマです。記事執筆当時はFancie NOTO(Businessエディション)にしています。

DigiPressは、テーマ専用のプラグインも提供していて、僕は好んで使っています。
▶︎DigiPress専用拡張機能 | DigiPress

これらはWordPressのプラグインという形式で提供されているため、アップデートがあったときはWordPressの管理画面から更新することができます。お手軽!

なのですが、お手軽に更新できませんでした。今回はその対策をまとめます。

 

[adSensecode]

 

手軽に更新できなかった

管理画面で「更新」ボタンを押したらこんな画面が。

20160716ss1

じっくりエラーメッセージを見れば、何が悪かったのか見当はつくのですが(後述)、このとき僕がとった方法はプラグインの手動更新でした。

対策:プラグインの手動更新

  1. DigiPressのユーザーページにログイン
    20160716ss2
  2. おめあてのプラグイン(zipファイル)をダウンロード
  3. zipファイルを解凍
  4. 解凍したディレクトリを /wp-content/plugins にコピー
    20160716ss4

 

すると、▼プラグインリストが

20160716ss3

▼こうなります。

20160716ss5

しっかり更新された証拠。

もうひとつの対策:それは・・・(追記あり)

これは試してないので確証はありませんが、おそらくいけるはず。

エラーメッセージを見ると、「ダウンロードに失敗しました。Unauthorized」とあります。ふむ、「ダウンロードするのための権限もってないよ〜」といったところか。

お分かりでしょうか?

上にも書きましたね。そう、DigiPressのプラグインは一度、ユーザページにログインしないとダウンロードできないのです。

つまり、ログインしていれば更新できるはず。もちろん管理画面を開いているブラウザで、です。だって、そうすればUnauthorisedになることはないはずですから。

元IT技術者なのに僕はすっかり忘れていましたよ。何かあったらエラーメッセージを見ろ!ということを。

 

【2016.7.20 追記】
プラグインが更新されていたので、上記の予想のもと試してみましたが、管理画面からは更新できませんでした。

20160716ss6

う〜ん、なんでだろう。

おわりに

プラグインを手動で更新する方法は、もちろんDigiPress以外のプラグインでも同様にできます。

管理画面で更新できなかったときは参考にしてみてください。

R0000014

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORKS」へ。ご依頼は「CONTACT」からどうぞ。

写真のオシゴト一覧

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします