7月23日から31日まで東京・横浜でプロフィール撮影しまくります!

2016年7月22日(金)から地元の横浜に帰ります。プロフィール撮影のお仕事です。23日から31日まで室内/室外で撮影しまくりです。

 

ことのはじまりはブログ「心の設計書」の中の人、お友達のセラピトストさんの撮影依頼です。どうせなら撮影希望者を集めて、僕の交通費を分割したらいいんじゃない?ということで、僕を東京に招待するためのプロジェクトを発足してくださいました。

結果!

これまで実際にお会いした方/してない方、総勢9名の方にご依頼をいただきました!ありがとうございます!(実際はもう1名いらっしゃいましたが、諸事象によりキャンセルでした)

DSC_2967

 

 
スポンサーリンク

 

いや〜、ありがたいですよ、ほんと。少しずつお友達以外の方からも依頼をいただけるようになってきたわけですからね。うん、いけてるいけてる!

帰ったらやりたいこと

と、仕事の話はちょっとおきます。いや〜、久しぶりに帰るのでね、やりたいことがあるんです。

(1)伊豆の海が見たい!感じたい!

海から離れた長野県に移住してから感じることが・・・。海が恋しい、けっこう恋しい(笑)

ですから、昔よくドライブしたように

  1. 横浜からイッコクを箱根・芦ノ湖方面へ
  2. 芦ノ湖から椿ラインで湯河原へ
  3. 湯河原からR135をのんびり南下する

でゆったり行こうかなと。または、平塚から西湘バイパスを使って真鶴方面へ。それから真鶴道路(もちろん旧道)を走るのもありだな〜。

ということを画策中です。

DSC_2964

(2)仲間と語り合いたい(日本酒飲みたい)

昔なじみと語り合いたいです。

「・・・安西先生・・・日本酒、飲みたいです」(ご馳走してほしい・・・)

みたいな気持ちがふつふつと出てきたので、都合見つけて集まろうと思ってます。なお、何事もなければ終日空いている日をブログでもアピっておきます。もし会いたいなんて方がいらっしゃいましたらご連絡くださいませ。

  • 7月26日(火)
  • 7月28日(木)
  • 7月29日(金)

今んとこ、「六本木,麻布十番の日本食,野菜 | 久高」に行って日本酒と和食を楽しみたい!

DSC_2841

おわりに

今回の撮影は僕史上かつてないほどのチャレンジです。

良いも悪いも、うまくいったこともいかなかったことも、すべてが糧になる。だからこそ、今の僕ができることを全力でやります。でもね、リキみすぎてもいけません。ゆったりとしつつ、普段の僕らしさも出しつつ、でもやっぱり全力で(笑)

 

ちなみに、松本には8月1日か2日に帰ります。そこんとこはFreedomです。

DSC_2840

プロフィール撮影内容と料金設定

2016年7月現在のメニューです。

【料金】
・撮影&調整料:10000円(税別)
・加工料:3000円(税別)
・2度目以降の加工:1000円/枚(税別)

※加工について
ご要望に応じてプロフィール用などに加工します。依頼者が希望するカットのみ or 納品するカットすべてに対して行います。また、1度だけ修正可能です。
※別途費用のかかるもの
宿泊先の場所から現地までの交通費やスタジオなどの施設利用料は別途お支払いただきます。

【納品物】
・写真データ:納品カット数は1〜10程度ですべて調整する

※Facebook用、ブログ用となる場合は最低2カット〜となります。
※納品はネットワーク経由でデータを送ります(Dropbox / Adobe Creative Cloud / iCloud等)

【その他】
・撮影時間:1〜2時間
・事前打ち合わせ:メール、メッセ等のテキストベース or Skype等の音声/映像での対面やりとり(30〜90分)
・加工する対象は、依頼者がデータ確認後に選択するもよし、花村に一任していただいてもよし。
・ご希望であれば請求書を発行します。

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で