SNSを見てモヤモヤした気持ちを手放す方法

Facebookを見ていて「む!?」となりました。イメージでいうと、僕の心の中に黒い炎が生まれた、そんな感じです。なお、その投稿は友達とは関係のないモノです。

 

黒い炎が生まれたってことはね、自分の中でそれを「悪」とジャッジしてるってことです。こういうときは深掘りしてみるといい。しっかり味わうのがいい。

僕の場合は「嫉妬」でした。

  • 僕がやれないことをやれてる!!!
  • 僕とは違うポリシのことをやれてる!!!

このような悔しいであったり、怒りのような気持ち。あるいは「損した」という気持ちもあるかな。

では、その気持ちをどう手放すか?僕が取る方法は2つです。

R0000243

 
スポンサーリンク

 

(1)「自分は自分、あっちはあっち」理論を使う
こうすると「まぁ、いいっか」と思えます。

他人ですから自分と違って当たり前です。同じであるわけがありません。そう思えば、まぁいっかって気持ちになります。

(2)「で、それと同じことを自分はしたいの?好きなことなの?」と問うてみる
次にこの問いかけです。実際、僕の中から出てきた答えはこれでした。

「ん〜、今はなんかいいや。楽しくなさそうだもん。やりたくなったら真似してみりゃいいダロウ。」

「なんか」とけっこう軽く書いてますが、それがいいんです。深く考えず、今ふっと思った気持ちに従う。このようにライトでいいんですよ。

 

で、ハイ終了。手放せました。

R0000244

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

いまBlogやSNS、紙媒体などで発信しているけれど、

  • もっと自然体な自分を見せて、お客さんに安心を届けたい!
  • 顔写真を公開するのは恥ずかしいけど、勇気を出して公開したい!
  • 実は撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの撮影を僕にやらせてもらえませんか。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を僕が撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本、下旬は横浜にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、他にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたい。そちら在住の撮影されたいという方いませんか〜?

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>

「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。
僕のできることで「あなた」を世界に伝えるメッセンジャーとして活動中。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で