松本でおいしいコーヒーが飲めるカフェとコーヒー豆と

ブラックコーヒーが飲めるようになると、淹れ方にこだわったり道具を揃えたくなったりします。それから自分好みのコーヒーも、少しずつ分かってきます。それを探していく楽しさが、コーヒーにはある。

 

そうして探してきたブラック初心者の僕が、松本でオススメするカフェを紹介しましょう!

 

[adSensecode]

コーヒーのおいしいカフェ

想雲堂の浅煎りコーヒー

ここは古本屋カフェ。

R0000796

僕が信州に移住した2015年。初めての冬を過ごしているときに友達に連れてってもらいました。

そのときにマスターを紹介してもらって以来、ちょいちょい通ってます。と言いつつ、今年の春以降は行けてない気がする(笑)

R0000798

コーヒーは独自ブレンドで、浅煎りと深煎りがあります。それぞれの差を語れるほどの知識はないのですが、僕は浅煎りが好き。すご〜く飲みやすい。これはもう感覚だね。

本に囲まれておいしいコーヒーを飲む、そういう空間を味わいたい方は行ってみるといいよ。ケーキやカレーも食べられますよ。

▶︎アクセスMAP

※電源あり/Wi-Fiなし

R0000192

ミカフェート松本店の松本コーヒー

ミカフェートは元麻布が本拠地で、日本の他、アジアにも展開しているチェーン店。僕の地元、横浜にもあります。

Webを見るに、すご〜くコーヒーにこだわりのある印象。そんなチェーン店が松本にもあるんです。本屋MARUZENに併設されています。

GR030517

松本店だけだと思いますが、ここには「松本ブレンド」(400円)なるものがあります。これまたおいしい!僕は好き。す〜っと飲める感じ。

HOW TO DRIP」にあるように、手間暇かけて淹れているからか、出てくるまでにちょっと時間がかかります。おいしいコーヒーを楽しむためにワクワクして待ちましょう。

GR030514

ミカフェートには、松本ブレンドのようにお手軽なものもあれば、なんと1200円のコーヒーもあります。「ブルーマウンテン ジュニパー・ピーク農園」とかゆーの。う〜ん・・・飲んでみたいけどちょっと・・・(笑)でもいつか!

▶︎ミカフェート松本店の情報
ミカフェート松本店 | 松本駅から徒歩4分、丸善併設のブックカフェ【公式HP】

▶︎アクセスMAP

※電源あり/Wi-Fiあり

GR030515

信州発芽珈琲のコーヒー豆

信州発芽珈琲というものを紹介します。

ここのブレンド珈琲を試させてもらったんですがスゲェです。僕が飲んだ「発芽マイルド」がスゲェんです。

何がスゲェっていう前に、自分好みのコーヒーを見つける方法って知ってますか?

 

それは「冷めたホットコーヒーを飲む」というもの。

 

冷めた状態で飲んでみて、おいしいと感じれば、それがあなたにとっての好みのコーヒー。でも、通常は冷めるとコーヒーは酸味が増します。僕はこれがちょっと苦手。

しかし!

発芽珈琲は精製方法が独特だからか、そういった酸味が一切ありません。今回は雑にドリップしちゃいましたけど、冷めても酸味はなく、コクが増していたように感じました。もちろん、うまい!

コーヒー好きの方はちょいと試してみる価値はあるんじゃないかな。

▶︎商品ページ
発芽珈琲とは? – 信州 発芽珈琲オンラインショップ

まとめ

本を読みたいとき、作業したいとき、ホッとしたいとき。

そういうときにコーヒーがあるとなんかいい。最近はそう感じられるようになってきました。昔はコーヒーなんて飲めなかったのにね。

だから、自分で淹れるのもいいけど、たまには外に飲みに行く。もちろん自分好みのコーヒーを。そういう時間を大切にしていきたいと思うのです。

 

そうそう、お知り合いから聞いたところ、最近の松本は密かにコーヒーブームが来ているらしい。その流れで出来たお店が「High-Five COFFEE STAND」とのこと。今度、行ってみますかね〜。

R0000193

次にほしいコーヒー用の道具はこういうのです

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORKS」へ。ご依頼は「CONTACT」からどうぞ。

写真のオシゴト一覧

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします