2016年7月下旬、東京に2週間ほど滞在して人物撮影してきました。情報発信している方たちで、プロフィールやFacebookなどのカバー写真として使いたいとのこと。

このプロジェクトではFacebookに秘密のグループを作ってやりとりしていて、全員の撮影が終わったときだったかな、「ありがとうございました!」と投稿したんです。

そしたらブログ「いまここ庵」のとしさんが、こう言ってくれました。

なむさんありがとう!!
やりたいこと着実に始まってるじゃん。
どえらいことですよ〜んo(^o^)o
おつかれさまでしたー!

実はこれ読んで「え?」って思っちゃったのよ。

この文脈に、としさんのどんな想いが込められていたのかはわからないけど、としさんには感じられて僕には感じられてなかった「やりたいこと」ってなんだろう?って。

もしかしたら「フォトグラファーとしてやっていけてるじゃん!」ということを言ってたのかもしれないけど、僕はこんなことを考えてしまったのさ。

  • 人の笑顔を撮りたいと思うのはなぜだろう?
  • その人と対峙し、会話し、楽しみながら撮りたいのはなぜだろう?
  • 心を引き出し、その瞬間をすくい撮りたいのはなぜなんだろう?

で、出てきた答えがタイトルに書いたこと。

GR030082

勇気づけたい

僕は信州移住を決意する前、自分自身を劣った存在としてみていたんです。「本当のやりたい」を抑えて生きてきたと思う。「どうせできっこない」、そういう心の前提だったから。

でも、そんなことでは人生を楽しめないっしょ!?面白いわけがない。そう気づいた。時間をかけてゆっくりと、でも劇的に。

GR030083

皆がそうとはもちろん思っていないけど、自ら生きにくくしている人はいます。

例えば、アドラー心理学の有名本「嫌われる勇気」にある一節を読んで グサッとくるような人。もったいないよ。

自分が自分のために自分の人生を生きていないのであれば、いったい誰が自分のために生きてくれるだろうか。

だから僕は、「そうじゃないよ〜」、「それでもいいんだよ〜」、「そもそも大丈夫だし!」ということを伝えたいのかな?身をもって伝えたいのかな?って思った。僕ですら心が開けたんだから。

そんな「なぜなぜ」を繰り返していくと・・・、

GR030085

なぜなぜのプロセス

人と話す。

僕の話を伝えて、人が笑ってくれる。涙してくれる。元気になってくれる。その瞬間をすくい撮りたい?それを直に感じたい?

これって見方によっちゃ「支配欲」ともいえるんじゃない?もしかしたら達成欲か?

う〜ん、うまく言葉にできない。

GR030086

でもね、写真を現像しているときすご〜くいい表情が撮れていて、それを仕上げていくのがなぜか楽しいんだよね。「お〜、さすがオレ、やるじゃん!」みたいな(笑)

なんでだろう?

いや、そもそもこういうのに理屈はない。いいからいい。楽しいから楽しい。僕はきっとそれでいい。

だから、言葉にできなくてもぜ〜んぜんいいし、大丈夫。

GR030088

まとめ

結局、やりたいからやる。感じたいから、感じられることをやる。

さらに、今回のプロジェクトはその人のためになっているんだから(すなわち貢献)、「なんでだろう?」な〜んて考なくていい。体感派の僕の場合は特にね。

これをひとことで言うと、僕は「写真で幸せ」になりたいってこと。

これは尊敬する写真家、ハービー山口さんのエッセイ集「雲の上はいつも青空 Scene.2」に書かれている言葉です。

DSCF2600

本を手に取り、読んでビビビッ!ときた言葉。即買い決定した言葉。

きっと、僕は根源的にそう思って生きてきたから、読んだときに感性が反応したんでしょうね。

DSCF2605

写真をブログやSNSに使ってくれているお客さま(記事投稿時)

  1. ブログ:Fu/真面目に生きる : 不真面目/真面目が1/1=1になるように
  2. ブログ:| HOKARI’s Eye sense/design/code | 保刈豊(ほかりゆたか)のブログです。 This is the blog of HOKARI Yutaka.
  3. Facebookページ:毎日BonBon
  4. Facebookページ:いまここ庵

※その他、個人のFacebookアカウントにも使ってもらってます

ハービー山口さんのエッセイ集はこちら

Scene.1もオススメです。

写真のオシゴトやってます

Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。基本的にマンツーマンのセッション。

Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

空気感フォトグラファーとして写真が生業の元ソフトウェアエンジニア。「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「依頼フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします