恵比寿のイタリア料理のお店「SOYO per tutti」のランチを食べてきました【Pro Neg.Std/ASTIAの練習】

5月/6月のフォトセッション受付中!

松本と横浜を中心とした地域で撮影します。あなたのお気に入りの場所で、あなたが自然に振舞っているような雰囲気で、あなたのステキを撮らせてくださいな。

 

僕はふだん長野県松本市にいますが、月の10日間ほどは関東にいます。2016年11月期は20〜29日までの滞在予定です。

この間はオシゴトをやりつつ、できるだけこちらの友達に会いたいと思って呼びかけしたところ、ありがたいことに滞在期間中のランチは毎日友達とできることに。

DSCF2355 

 
スポンサーリンク

 

恵比寿のイタリア料理のお店へ

この日は恵比寿にある「SOYO per tutti」に行き、楽しい時間を過ごしてきました。
▶︎SOYO per tutti → https://www.facebook.com/soyopertutti20120302/


 

当日のメニューはこれ。

IMG_0120

僕は「生ウニ!と生ノリの!クリームソース スパゲティ」で、友達は「釜揚げしらすとケールのオイル仕上げ スパゲティ」でした。すべて美味しかったのですが、フォカッチャの美味しさが凄まじかったですね。

DSCF2357

DSCF2352

フィルムシミュレーションの練習

でね、こっから写真の話。

僕のメインカメラはFUJIFILM X-T1です。フィルムシミュレーションやJPG画質に惹かれて買いました。

DSCF2359

オシゴトではRAW現像ありきで撮影しているものの、フィルムシミュレーションの可能性はすごくあると思っているし、撮影後のフロー改善のためにも、この機能をもっと追求する、と最近決めたんです。

つまり、仕事でもJPGを積極的に使うってこと。(実際にそうされている写真家さんも多いですし)

DSCF2360

というわけで、暗い店内のSOYOさんで使ったらどうかを検証しました。

DSCF2362

今回は最近お気に入りの「Pro Neg.Std」をメインに「ASTIA」の練習です。

Pro Neg.StdはHiほどコントラストがきつくなく、柔らかいトーンになります。主に室内のポートレイト向きの印象。専門誌にもそのように書かれていて納得。このトーンが気に入ってるんですよ。

DSCF2365

結論

  • Pro Neg.Std → 店内のヨウスを撮るといい感じになる
  • Pro Neg.Std → 料理を撮ると物足りない(彩度が足りないからか、美味しそうに見えない)
  • ASTIA → 料理を撮るといい感じになる(Velviaほど彩度が強くなくちょうどいい、店内のヨウスにも使えそう)

というところ。

DSCF2366

ほかに設定できるパラメータ、「カラー」「シャープネス」 「ハイライトトーン」「シャドウトーン」「ノイズリダクション」等の組み合わせもあるので、まだまだ追求することはたくさんあります。

DSCF2370

楽しくなってきました!!

DSCF2378

フィルムシミュレーションの設定値

この記事に載せている写真で料理の設定はこちら。

  • ASTIA
  • カラー +1
  • シャープネス 0
  • ハイライトトーン +1
  • シャドウトーン -1
  • ノイズリダクション -1

料理以外の設定はこちら。

  • Pro Neg.Std
  • カラー +1
  • シャープネス -2
  • ハイライトトーン 0
  • シャドウトーン -1
  • ノイズリダクション -2

IMG_0119

【空気感フォトグラファーからのお知らせ】

(1)5月/6月の撮影依頼受付中!

松本と横浜を中心とした地域でプロフィール/ポートレイト撮影します。

あなたのお気に入りの場所で、あなたが自然に振舞っているような雰囲気を僕が引き出します。あなたのステキを撮らせてください。

(2)あなたのステキをそっとすくい撮ります!

WebやSNSに顔写真を公開するのがなんだか恥ずかしい。けれどエイっと勇気を出して公開したい!今の自分を見せたい!あるいは実は撮られたかったんです。という方々、そのサポートを僕にやらせてくださいな。

僕なら、あなたが気がつかないときに、あなたのステキをそっとすくい撮ります。だから大丈夫。

詳しくはこちらからどうぞ!

Profile

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!