プロフィール写真撮影のオシゴト Vol.2(公園/街中で撮影)

僕のオシゴトについて、これまで撮影させていただいた方に登場してもらって語っていくシリーズの第2弾!撮影する前/撮影するとき、僕がどのように被写体と接しているのか。その心構えが伝われば幸いです。

記事の最後に、納品した写真の一部をスライドショーにしていますのでご覧くださいね〜。

お客さま:ブログ「Fu/真面目に生きる」の穴吹英雄さん

Vol.1と同様、2016年7月末、ある公園で撮影しました。

2013年に知り合って以来の友人です。僕の信州移住記念にストウブをプレゼントしてくれた友人でもあります。感謝!今でも大活躍しています。

そんな彼はブログタイトルのとおり、真面目にFu真面目を楽しんでいます。僕のように変に考え込まず、本心の赴くまま生きている印象。いいやつなんです。

 

 
スポンサーリンク

 

撮影前

3年来の友人とはいえ、撮影前はまず「どんな方なんだろう?」って考えるし、「どうやって”らしさ”を引き出そう?」と考えます。

基本的にFu真面目なので(笑)、屋外でも「え?屋外なのにこれ?」という写真にしたい想いはありました。ロケハンしているときに会って話したところ、どう撮られたいというイメージがなさそうだったので、以下のように提案。

  • 公園の自然の中で少しおふざけが入るようにしよう
  • アンバランスさを出したい
  • だから、撮影当日はご自慢のストウブを持ってきなさい

撮影当日

最初は公園で撮影。ここでもいいものは撮れたのですが、正直ちょっとモヤモヤしていました。ちょっとだけイメージと違う。悪いわけではなく、もっといいものができそうな感覚。

そんな気持ちのままみんなでランチ。平日の昼間から「麦的大人の飲み物」のもいただく。至福。ほどよく酔いも回っていたとき、新宿3丁目の歩行者天国でその時は来ました。彼から発案。

 

「ここで撮ったら面白そうじゃね?」

 

僕もピーーーンときました。Fu真面目感だせそうだ、と(笑)

速攻で場を作りこみ、5分足らずで撮影完了。結果いい感じ。最終的に彼もこの時に撮った写真をプロフィールに使ってくれています。

おわりに

こういう場が、撮る側と撮られる側にいいエネルギーを与えてくれる。偶然の産物だけど、こういうライブ感はやはり楽しい。

当時のヨウスをブログにしてくれています。ありがとう!

▶︎プロフィール写真・カバー写真はプロカメラマン依頼しよう。満足度が全然違うぞ! : Fu/真面目に生きる

穴吹英雄さん(ブッキー)のブログはこちら
▶︎いまFu/真面目に生きる : 不真面目/真面目が1/1=1になるように

 

作例

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

BlogやSNSに顔写真を公開するのはなんだか恥ずかしい。けれど、

  • 勇気を出して公開したい!
  • 今の自分を見てもらいたい!
  • 実は誰かに撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの応援を僕にやらせてください。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本市、下旬は横浜市にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、その他の場所にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたいな。

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

Profile

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!