創造/創作ツールとして、Apple製品を考えてみる(その3 ひとまず完結編)

R0014817

これまで頭をウンウン唸らせて、ようやくMacを新調しましたのでお知らせします。なお、買ったのは10月半ばです。

これまでのあらすじはこちら。
創造/創作ツールとしてApple製品を考えてみる(その1)
創造/創作ツールとしてApple製品を考えてみる(その2)

R0014818

 
スポンサーリンク

買ったのは「MacBook Pro Retina 15inch (Late2013)

はい、MBPR13inchでもなく、MBPR15下位モデルでもなく、1年前の上位モデルです。でも、中古ではありませんよ。Appleの整備品というものです。

IMG_4913

MBPR15(Mid2013)にした理由

理由1 安い(整備品という手段は実はとっても有効)

整備品とは? → http://store.apple.com/jp/help/refurbished

と、このようにちょっと問題があれど(しかもそれは既に過去のことだし)、新品といっても差し支えないものですから、購入することにしました。しかも値段もだいぶ安く抑えられます。そう、2014年11月現在の相場ではこんな具合に、

  • MBPR15 Mid2014(上位機種のつるし) → 244800円
  • MBPR15 Late2013(上位機種のつるし) → 202800円(当時の購入金額)

その差4万円!?これでAppleCareを買えば良いわけですからお得でしょ?

この整備品は、非定期的にブツが出たり入ったりしてます。やや高いなーと思えるThunderbolt Displayも2万円くらい安く買える可能性だってありますからお得だと思うのです。

R0014821

理由2 Late2013とMid2014の上位モデルの差はほとんどない

そして整備品を買う決め手となったことがこれ。

調べてみると、Mid2014はLate2013のマイナーバージョンアップということで、CPU以外はパッと分かる変更点はありません。また、そのCPUもちょびっとレベルアップしただけのようです(クアッドコア2.3GHz → 2.5GHz)。この差であれば体感はできないでしょうし、そもそも常時高性能を求めてはいません。また、MBA13inchと比べたらとんでもなく性能アップじゃん。

であれば、最新機種にこだわる必要はないわけで。予算が許せば最新機種でも良いと思いますが、僕は何とか出せる予算と手に入れられる性能のバランスをとりました。

R0014824

理由3 メーカーの1年保障が付いている上、AppleCareに入れる

一般的な中古市場で購入したときの保証制度は知りませんが、整備品はメーカの1年保証もついてますし、何よりAppleCareにも入れます。とっても安心です。
これは整備品を購入された他の方も言ってますね。

R0014825

そのブツ、新品と見分けがつきません

さて、実際その整備品の状態がどんなだったかというと・・・全く問題ありません!

バッテリーは新品!

噂では「バッテリーは新品に交換されて出荷される」とか「初期のバッテリーのまま」とか、どっちが正しいの?と内心ハラハラしてましたが、フタを開けてみたらなんと「生まれたてのバッテリーちゃん」でしたww

IMG_4914

外装は傷ひとつなくとっても綺麗!

開封の議はしてませんので写真はありませんが、目に見える範囲で傷らしい傷もなく、大変綺麗な状態でしたよ。

ただし、整備品にも欠点はあります。
あの美しい外箱がついてきません。何の変哲もない白い箱に包まれて送られてきます。リセールバリューにちょっと影響するかなってところですね。

R0014823

総じて大満足

買ってからまだ1ヶ月ですが、普通に使えています。
ちなみに、自宅ではThunderbolt Diplayに接続して使っているため、あまりRetinaの恩恵を受けてませんww なわけで、このままじゃもったいないですから今回のエントリーはMBPRのみで書きました。

R0014834

解像度は今のところ、文章入力やWeb見るときは、Retina最適サイズである1440×900にしています。惚れ惚れする文字の、そして画面の綺麗さですよ。また、Aperture3を使うときも実は1440×900がしっくり来ますね。僕にとっては、解像度より、色をしっかり確認できることの方が大事っぽいです。

それからBlenderをやるときは、1650×1050か1920×1200です。ただ、1920だとちょっと文字が小さくて、目に優しくない感じ。こういうときはThuderbold Displayの出番ですね。

というわけで、MBPR15inchの解像度は、デフォルトをRetina最適の1440×900にして、ときどき1段広くするようにしてます。

R0014827

iOS端末はまだ決まらず

2014.11現在、iPhone6 Plusの納期が1ヶ月待ちだから、もうちょっと市場が潤ったら考えることにしました。・・・と思ったら、値上げされたとか。Nooooooo!!

R0014829

というわけで「創造/創作ツール」は、最初こう考えていたのが、

  • アップデイト後のツール(案)
    • MacBook Pro Retina 13inch (mid 2014) 、最上位機種を16GBへCTO
    • iPhone6 Plus 64GB (SIMフリー)
    • iPad Air 32GB (Wi-Fi or テザリング)

こうなりました。

  • アップデイト後のツール(結果)
    • MacBook Pro Retina 15inch (Late 2013) 、上位機種吊るし
    • iPhone5 16GB (Softbank) ※変更なし
    • iPad Air 32GB (Softbank) ※変更なし

ツールが劇的に変わったわけではありませんが、せっかくMacを新調したんですからね、まずはこれでよしとして精いっぱい楽しんでやろうじゃないかと。

R0014837

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

BlogやSNSに顔写真を公開するのはなんだか恥ずかしい。けれど、

  • 勇気を出して公開したい!
  • 今の自分を見てもらいたい!
  • 実は誰かに撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの応援を僕にやらせてください。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本市、下旬は横浜市にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、その他の場所にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたいな。

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

Profile

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!